編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

MS、OSの機能制限に関する特許を取得--「Windows 7」に向けた布石か

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:矢倉美登里、長谷睦

2009-05-21 13:14

 Microsoftは米国時間5月19日、ユーザーが対価を支払ったどうかによってオペレーティングシステム(OS)の特定機能の利用を制限する手法について、特許を取得した。

 「コンピュータにおける制限されたソフトウェアならびにハードウェアの利用」と題されたこの特許は、ユーザーが購入したバージョンに応じて機能を有効または無効にするソフトウェアの提供方法に関するもので、Microsoftはすでにこのコンセプトを使用している。

 Microsoftではかねてから、該当バージョンに搭載されている機能のロックを解除する特別なプロダクトキーを利用して、1種類のディスクで「Windows 7」の全バージョンを提供する意向を表明している。ユーザーは新しいプロダクトキーを購入するだけで、Windows 7の上位バージョンにアップグレードできるという。

 今回特許を取得した技術がこの新アップグレードに利用されるのかは不明だが、両者はよく似ているように思える。特許出願書類の中には「消費者が当初、全機能を搭載したコンピュータの価格よりも安い価格で、機能が制限されたコンピュータを購入する」という利用シナリオの記述がある。

 「ユーザーは購入後、追加料金を払ってデジタルキーを入手し、制限を解除して全機能を搭載したバージョンにコンピュータをアップデートできる」とMicrosoftの出願書類は続けている。

 Microsoftは長年、Windowsの汎用性を宣伝してきたが、今回の特許出願書類の中では、異なる機能を搭載した様々なバージョンを提供する必要性に言及している。

 「オープンアーキテクチャシステム固有の問題は、通常、システムの購入者のニーズや希望を超えた完全な使用権および機能、または、その一方がライセンスを通じて付与される点だ」とMicrosoftは記している。「結果として、システムの購入価格が利用シナリオに連動していないため、ニーズが限定されているユーザーも、あらゆる機能を必要とするユーザーと同じ料金を払う必要に迫られる」

 Windowsにはかなり以前から「Home」と「Professional」の両バージョンがあった。「Windows XP」では、発売されてから長い年月が経つうちに「Starter」「Media Center」「Tablet PC」の3バージョンが追加された。

 Microsoftは「Vista」で、「Home Premium」「Enterprise」「Ultimate」の3バージョンを追加した。Vistaでも別のバージョンに移行はできるが、それには個別にディスクを用いる必要があった。

 この特許の取得については、Slashdotが19日付で伝えている

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]