編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「SharePoint Server 2007」のService Pack 2に重大なバグ--MSが警告

文:CNET News Staff 翻訳校正:編集部

2009-05-25 10:39

 Microsoftは米国時間5月22日、ポータル製品「SharePoint」の最新版に存在する重大なバグについて警告を発した。

 バグは、製品のService Pack 2に含まれる。同Service Packは製品の有効期限を誤って設定し、Service Pack適用後、トライアル版の有効期間と同じ180日間でSharePointを利用できなくしてしまう。

 Microsoftによると、間違って設定された有効期限が切れるまでの間、製品の機能性が落ちることはないという。また、製品の有効期限が切れるとエンドユーザーはSharePointにアクセスできなくなるものの、顧客データへの影響はないという。

 Microsoftは手動で適用できるフィックスをすでに提供しているが、自動配信用のフィックスは現在準備中であると述べる。バグの詳細や、問題を解決するための手順は、Microsoftのウェブサイトに掲載されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]