編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「SharePoint Server 2007」のService Pack 2に重大なバグ--MSが警告

文:CNET News Staff 翻訳校正:編集部

2009-05-25 10:39

 Microsoftは米国時間5月22日、ポータル製品「SharePoint」の最新版に存在する重大なバグについて警告を発した。

 バグは、製品のService Pack 2に含まれる。同Service Packは製品の有効期限を誤って設定し、Service Pack適用後、トライアル版の有効期間と同じ180日間でSharePointを利用できなくしてしまう。

 Microsoftによると、間違って設定された有効期限が切れるまでの間、製品の機能性が落ちることはないという。また、製品の有効期限が切れるとエンドユーザーはSharePointにアクセスできなくなるものの、顧客データへの影響はないという。

 Microsoftは手動で適用できるフィックスをすでに提供しているが、自動配信用のフィックスは現在準備中であると述べる。バグの詳細や、問題を解決するための手順は、Microsoftのウェブサイトに掲載されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]