マイクロソフトの新検索エンジン「Bing」、日本ではベータ版を提供開始

藤本京子(編集部) 2009年05月29日 16時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは5月29日、同社の提供する新検索エンジン「Bing」について説明会を開催した。Bingはコードネーム「Kumo」として開発が進められていたもので、今後同社が提供するウェブ検索のブランド名はBingに統一される。

浅川氏 マイクロソフト オンラインマーケティング本部 業務執行役員の浅川秀治氏

 Bingは、米国およびカナダにて6月3日に正式ローンチとなり、Bing.comのURLよりアクセス可能となる。マイクロソフト オンラインマーケティング本部 業務執行役員の浅川秀治氏によると、日本では同日よりBing.jpにてベータ版が利用できるとのことだ。

 これまで同社では、ウェブ検索として「Live Search」を提供していたが、Bing提供開始後にLive Searchにアクセスすると、Bing.comにリダイレクトされる。数カ月後には、Liveブランドはコミュニティサービスなどのブランド名としてのみ利用されることになる。

 米国で提供される正式版では、「ショッピング」「旅行」「健康」「地域情報」の4つの分野で、ユーザーの意図したものにより近い結果が表示できるような仕組みが用意される。例えば特定の製品名を検索すると、その製品の価格比較を表示したり、ユーザーレビューを表示したりといった具合だ。このようにBingは、「ユーザーがこの商品を購入するにあたっての意志決定を支援する。意志決定エンジンと呼んでいるのはそのためだ」と、米Microsoft リサーチ&ディベロプメント シニアバイスプレジデントのSatya Nadella氏は説明する。

 このように、特定カテゴリでより詳細なコンテンツを表示する機能は、ウェブ検索に加えて同社のパートナーから提供された情報によって表示される。ただし日本で提供されるベータ版では、こうした意志決定支援機能はまだ搭載されていない。浅川氏は、「機能搭載の検討はしているが、米国と同じようにショッピングや旅行などの分野で提供するかどうかは決まっておらず、ユーザーのニーズやパートナーとの連携で今後検討していきたい。また、その機能の搭載時期は未定だ」としている。

 ただし、日本にはサーチテクノロジーセンターが設立されており、日本市場にフォーカスした活動も行っている。Bingで搭載予定の日本市場向けの機能としては、「MSN相談箱」といったQ&Aサイトとの統合や、コンテキスト検索などが予定されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算