コンピューティングエクスペリエンスを向上させるWindows 7のツール10選 - (page 2)

文:Deb Shinder(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2009-06-02 08:00

#4:生体認証デバイスの管理

 Windowsのこれまでのバージョンでは、生体認証デバイス(指紋センサー)の認証や管理にサードパーティーのソフトウェアが必要であり、そういったソフトウェアの中にはOSとうまく統合できないものもあった。しかし、Windows 7ではそういったデバイスへのサポートが組み込まれているのだ。Windows 7には「Windows生体認証フレームワーク」が搭載されているため、開発者は該当APIを利用することで、生体認証機能を組み込んだアプリケーションの開発が行えるようになったのである。なお、Microsoftは同フレームワークを開発するにあたって、UPEKやAuthenTecといった指紋センサーデバイスメーカーの協力を仰いでいる。生体認証デバイスはコントロールパネルのアプレットを用いて管理することができる(図G)。

図G 図G コントロールパネルの「生体認証デバイス」アプレットを用いることで、生体認証デバイスの設定変更や管理を行うことができる。

#5:資格情報マネージャー

 「資格情報マネージャー」もまた、Windows 7で追加された新しい機能である。この機能はある意味において、Vistaの「ユーザーアカウント」アプレットにおけるパスワード管理機能と似ているが、より洗練されたものとなっている。「資格情報マネージャー」では、ユーザーがログオンするさまざまなコンピュータのWindows資格情報や、証明書に基づいた資格情報、その他の一般的な資格情報(電子メールアカウントやWebアカウントなど)を管理することができる。また、こういった情報はすべて、デフォルトで「Windows資格情報コンテナー」に保存されるようになっている(図H)。

図H 図H Windows 7の「資格情報マネージャー」を使用することで、パスワードや証明書を1カ所にまとめて保存することができる。

 「資格情報マネージャー」の持つ機能のうち最も優れたものはおそらく、「資格情報コンテナー」のバックアップや復元を行うという機能だろう。なお、Microsoftはハードウェア障害時の復旧を容易にするため、証明書のバックアップを行う際には、USBメモリのようなリムーバブルドライブの使用を推奨している。

 詳細については、「Windows 7: Exploring Credential Manager and Windows Vault」を参照してほしい。

#6:プロジェクターへの表示とWindowsモビリティセンター

 プレゼンテーションを行う機会が多いユーザーにとって、Windows 7を搭載したノートPCとプロジェクターを簡単に接続できるようにするツールは有り難い存在となるだろう。Windowsキー+Pを押下するだけで、画面の表示先を選択する図Iのような画面がポップアップするのである。

図I 図I このポップアップを使うことで、デスクトップ画面の表示先を簡単に切り替えることができる。

 左端の設定がデフォルトとなっており、コンピュータのディスプレイにのみ表示したい場合に選択する。左から2番目の設定は、コンピュータのディスプレイに表示されるものと同じ内容をプロジェクターの投影先にも表示したい場合に選択する。3番目の設定は、コンピュータのディスプレイとプロジェクターの投影先をまとめて1つのデスクトップとして取り扱いたい場合に選択する。4番目の設定は、プロジェクターの投影先にのみ表示し、コンピュータのディスプレイを使わない場合に選択する。

 Windowsキー+Xを押下することで、「Windowsモビリティセンター」(図J)が開く。ここからプレゼンテーション設定をオンにすることができる。これにより、スクリーンセーバーを無効化したり、壁紙を地味なものに設定したり、Windows Live Messengerの状態を「取り込み中」にしたりすることができる。

図J 図J プレゼンテーションを行う際には、ノートPCのプレゼンテーション設定をオンにすることができる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]