コンピューティングエクスペリエンスを向上させるWindows 7のツール10選 - (page 4)

文:Deb Shinder(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2009-06-02 08:00

#9:強化されたバックアップユーティリティ

 バックアップユーティリティは、Windowsのこれまでのバージョンにも搭載されていたものの、Windows 7では大幅に強化されている。Vistaのバックアッププログラムはユーザーフレンドリーではあったものの、柔軟性については十分とは言えなかった。 Windows 7では、バックアップ対象の指定をより細かいレベルで行えるようになっているのである。

 「バックアップと復元」アプレットは、コントロールパネルからでも、スタートメニューの検索ボックスに「バックアップ」と入力することでも起動することができる。ファイルのバックアップ先にはローカルのハードディスクやリムーバブルディスク、DVD、ネットワーク上の他のコンピュータを指定することができる(ネットワーク上のどこかにアクセスする際には資格情報が必要となる場合もある)。そして、バックアップ先を指定した後は、バックアップに含めるライブラリや個別のフォルダを選択することになる(図O)。

図O 図O Windows 7のバックアップユーティリティでは、バックアップ対象としてフォルダを指定できるようになっている。

 また、特定のフォルダをバックアップ対象から除外することも可能である。

#10:PowerShell V2

 Windows PowerShell(図P)とは、コマンドレット(単一のタスクを実行するコマンド)とスクリプト(複数のステップからなる複雑なタスクを実行するためのコマンドレットの集合体)を使用可能にすることで、Windowsの管理者がタスクの自動化を容易に行えるよう支援する、コマンドライン形式のシェルインタフェース/スクリプティングツールである。

図P 図P Windowsのこれまでのバージョンにもコマンドラインインタープリタ(command.comやcmd.exe)が搭載されていたが、PowerShellはそういったものよりも格段に強力であり、ほとんどすべてのGUI機能をも自動化することのできる、UNIXライクなコマンド環境を提供している。

 Windows XPやWindows Vistaでも、別途ダウンロードすればPowerShellを利用することができるものの、同ツールを最初から搭載しているOSはWindows 7が初めてである(なお、同ツールはWindows Server 2008 R2にもデフォルトでインストールされる予定となっている)。PowerShell V2には240にもおよぶコマンドレットが搭載されているだけではなく、リモートコンピュータ上のPowerShellスクリプトやコマンドレットを起動する機能といった新たなAPIや機能も搭載されている。PowerShellについての詳細はMicrosoftのサイトを参照してほしい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]