編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

誤ってロックしたPCを携帯電話から解除、ネットマークス

吉澤亨史

2009-06-02 19:59

 ネットマークスは6月2日、ハードディスク暗号化ソフトウェア「McAfee Endpoint Encryption(旧名称:SafeBoot)」の利用企業を対象に、「PeacePlanet McAfee Endpoint Encryption携帯Webリカバリーサービス」の提供を開始した。

 McAfee Endpoint Encryption導入PCの利用者がパスワード入力を誤り、PCがロックしてしまった際に、利用者自身が携帯電話のブラウザからロックを解除できる。具体的には、専用モバイルサイトでユーザー認証し、リカバリーコードを入手して、それをPCに入力することでロックが解除される。

 携帯電話を利用するため代替PCやLAN環境が不要で、24時間365日対応できる点が特徴。管理者の対応が不要なため、企業が運用負荷を軽減できるメリットがある。

 McAfee Endpoint Encryptionは、PCのハードディスク全体を暗号化する製品。OSが起動する前の段階に認証を設けているため、PCの紛失時などにおける情報漏えいを防げる。

 ネットマークスが24時間365日体制で運用、管理する監視センター側で集中管理しており、運用状況は管理者が専用ページから確認できる。参考価格は初期費用がVPN利用時で18万円、専用線利用時で35万円、年間サービス費用は1ユーザーあたり1000円(いずれも税抜き)。ネットマークスでは、初年度20社への導入を見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]