編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Windows 7」の詳細、Best Buyの流出メモで明らかに

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:吉武稔夫、高森郁哉

2009-06-08 10:28

 Engadgetは米国時間6月5日、「Windows 7」に関する数多くの詳細を伝えるBest Buyの流出メモを掲載することで、ニュースに乏しい金曜日を賑やかにした。

 最も注目すべきは、このメモが「Windows Vista」をプリインストールしたマシンにWindows 7への無償アップグレード権を付けて販売開始する日付を示していることだ。メモによると、その日は6月26日であり、筆者はこの日付が正しいと聞いている。

 メモにはまた、Best Buyが6月26日からウェブサイトを通じて、アップグレード版(「Windows 7 Home Premium」が49ドル、「Windows 7 Professional」が99ドル)の事前販売を開始すると書かれている。メモには、この予約プログラムを16日間だけ実施するとあるが、これが通常価格なのか販促価格なのかは不明瞭だ。

 Microsoftのシニアバイスプレジデントを務めるBill Veghte氏は、6月第1週に行われたインタビューの中で、同社が無料または比較的安価でWindoows 7にアップグレードする手段を求めるVistaオーナーの声を検討中だと確かに述べていたので、この事前注文オプションがそうした手段なのかもしれない。

 Best Buyはまた、メモの中でWindows 7の宣伝文句も示している。「この新しいオペレーティングシステム(OS)は、単なる『使いものになるVista』ではありません。比較的少ないコンピュータリソースで生産性や機能性、創造性を高める新しいOSです」

 Best Buyの関係者は、このメモの信憑性について今のところコメントを出していない。

 6月2日にWindows 7の正式出荷日を10月22日と発表したとき、Microsoftもそのような技術保証プログラムを計画していることを認めたが、いつから開始するかは述べなかった。Microsoftの関係者は6月5日、プログラムの開始日時について付け加えることはないと語った。

 更新情報(太平洋時間午前11時5分):Best Buyからの回答はないが、6月1日に出されたこのメモについて、別の情報源からも裏付けが得られた。その画像を以下に掲載する。

Best Buyのメモ ※クリックすると図が拡大されます
提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]