編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

サン、特別株主総会招集を決定--オラクルとの合併案の投票へ

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:緒方亮、小林理子

2009-06-09 13:40

 Oracleが現実にSun Microsystemsの親会社となるのかを確かめるには、米国時間7月16日に注目する必要がある。

 Sunが6月8日に発表した声明によると、同社取締役会は、Oracleとの合併案について投票を行う特別株主総会を7月16日に開くという。Sunの取締役会はこの合併案をすでに承諾しており、株主に同案への賛成を促していく。この合併案の通過には過半数票が必要とされている。

 株主は合併案に対して、直接出席して投票するほか、Sunのサイトで、あるいは郵送で受けとる委任状によって投票することができる。承認された場合、2009年の夏に合併が完了すると同社はみている。

 Sunは6月8日付で株主総会招集通知を送付し、すべての株主に情報の全面開示を行った。投票と株主総会に関する詳細のほかにも、この通知では興味深い情報が明らかにされている。

退職者への支払い

 Sunの経営がどうなるのかは何も発表されていないが、この通知では会長のScott McNealy氏、社長兼最高経営責任者(CEO)のJonathan Schwartz氏など上級幹部らの、想定される退職の条件について論じられている。仮に8月に満了になるとすれば、McNealy氏は職を去る際に、退職金、健康保険、株式などを含めて総額950万ドルを受けとる。一方、Schwartz氏が受けとるのは1200万ドルとなる。

Sun争奪戦

 またこの通知では、Sun争奪戦の詳細が、Oracle以外の参加企業の話も取り混ぜて明かされている。IBMは、Sunを買収する可能性のある企業として広くうわさされていたが、ここでは参加企業の名前は明示されていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]