EU、マイクロソフトには悪夢となりそうなウェブブラウザの「投票画面」を検討中?

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子 2009年06月09日 17時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欧州連合(EU)の対Microsoft独占禁止法訴訟で、いくつかの情報がリークしている。この情報が真実であれば、Microsoftの立場は苦しくなりそうだ。

 Wall Street Journalは数週間前、Opera Softwareが開始した今回の独禁法訴訟の是正措置の一案として、欧州委員会(EC)はMicrosoftに対し、他社製ウェブブラウザのWindowsへのバンドルを要求することを検討していると報じた。Operaが当初、ウェブブラウザベンダー間が「同じレベルで競争できる」よう、配信に関してなんらかの処置を求めていたことを考慮すると、この措置案は驚きではない。

 しかし、米国時間6月8日、今度はBloombergが、ECは複数のPCメーカーに調査用紙を配布したと報じた。この調査でECは、Microsoftがウェブブラウザの「投票画面」のようなものをWindowsに設定することをどう思うかの意見を求めているという。この「投票画面」がどのようなものになるのかに関する詳細情報は少ないが、インストール時に「Internet Explorer」「Firefox」「Opera」「Chrome」から選択できるようにする画面と予想できる。このリストには、「Safari」も含まれるかもしれない(Microsoftは、このうわさを含め、ECとの独禁法訴訟についてはなにもコメントしていない)。

 Mozillaの「Firefox 3.5」の内部テストビルドのデモを見てきたところだが--今週リリース候補(RC)版がリリースされ、その後正式版が公開になるといわれている--、デフォルトで提供されるウェブブラウザをそのまま利用するのではなく、特徴や機能に基づいてユーザーが自由にウェブブラウザを選択できるようになると、Microsoftは深刻な危機に陥る可能性がある。最新のFirefoxには、タブの分離、JavaScriptの高速化、オーディオ/ビデオタグの統合など、IEにはない数々の新機能が導入される予定だ(もちろん、IE 8には、細かなプライベートブラウジング設定など、Mozillaより先行している機能もある。だが、MozillaがFirefox 3.5で提供する最新機能は見栄えが良く、様子見の姿勢を保ってきたユーザーが一気に飛びつきそうなものだ)。

 ECが単に、PCメーカーにウェブブラウザのチェックボックスリストの提供だけを要求する場合、Microsoftは自社の知名度をもって、ユーザーが知名度の低いライバル企業に流れないように阻止できるだろう。だが、ハイテク通ではない一般消費者の多くは、IE以外のウェブブラウザが存在することを知らない。「iPhone」や検索エンジンからAppleやGoogleのウェブブラウザを使ってみようと思うかもしれない。さらには、「投票画面」プロセスに、「予告編」のような個々のブラウザを紹介する動画(ベンダー各社が作成した2分程度の動画)が入れば、Microsoftにとって戦いはさらに厳しくなりそうだ。

 以前にも述べたが、ECがOperaの苦情を聞いて調査を進めると決定したことに、私はいく分驚いている。というのも、Microsoftはずいぶん前から、IEはWindowsの一部だと主張してきたからだ(「いく分」と書いた理由は、ECはMicrosoftに対する訴訟理由を無理やり見つけようとしているようにも見えるからだ)。だが、今回の訴訟は進んでおり、Microsoftが先を見越して「Windows 7」でIEを削除できる機能を提供したとしても、ECが手を緩めるようには見えない。

 「ECが正しい/ECは間違っている」といういつもの議論を展開する代わりに、私は「投票画面」のような措置をどのように思うか、読者の皆さんの意見を聞いてみたいと思っている。

 これまで私には、ECとMicrosoftのウェブブラウザバンドルに関する訴訟は、消費者寄りというより、ライバル寄りのように見えた。だが、Microsoftがライバルのウェブブラウザをバンドルすることを強制されないのであれば、その代わりに消費者が設定時にウェブブラウザを選択できるようにするのであれば、ライバルだけではなく、消費者のためになるのではないか。読者の皆さんは、インストール時に設定できるのであれば、消費者はMicrosoft以外のウェブブラウザを選択すると思いますか? このような措置により、最善のウェブブラウザが勝利する市場が形成されると思いますか?

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]