編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

IBM、ソーシャルネットワーキングをチャネルパートナー向けに導入へ

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:編集部

2009-06-10 13:13

 IBMは米国時間6月9日、同社の10万に及ぶ強力な提携ネットワークがさらに協調してプロジェクトに従事できるようにすることを目的としたソーシャルネットワーキングシステムを発表した。

 この取り組みは、一般的な消費者向け技術を実際のITプロジェクトに使用するという同社の試みの中の最新のものとなる。IBMの最高経営責任者(CEO)であるSam Palmisano氏が詳細を説明する見込みとなっている。

 IBM Global Business Partnersのゼネラルマネージャーを務めるRich Hume氏は、水管理やブロードバンドインフラ、スマートグリッドといったさまざまな分野へと次々に進出している同社にとって、このソーシャルネットワーキングツールは必要なものであると述べた。

 これは、チャネル向けのFacebookであると考えられる。Hume氏は、同社では、これまで連携することのなかったシステムインテグレータらが専門知識を寄せ集める必要性が高まってきていると述べた。医療記録のデジタル化、エネルギー計測、交通構造のようなプロジェクトでは、プロジェクトを実施するために複数分野の知識が必要となる場合が多い。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]