編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

アドビがAdobe Reader/Acrobatにパッチ -- 13件の脆弱性を修正

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2009-06-10 16:36

 Adobeは同社のAdobe Reader/Acrobat製品ラインに対する、年4回の定期的なアップデートの1回目を公開した。13件の明文化されたセキュリティ上の脆弱性を修正する、巨大パッチとなった。

 今回のパッチ群では、Adobe Reader 9.1.1およびAcrobat 9.1.1以前のバージョンに存在する「クリティカルな脆弱性」を修正している。Adobeは勧告の中で、「これらの脆弱性はアプリケーションのクラッシュを引き起こし、影響を受けるシステムが攻撃者に制御されてしまう可能性がある」と警告している。

 同社はまた、明文化されていないいくつかのセキュリティ上の問題についても、情報を公開せずに修正したことを認めている。

 今回のアップデートの詳細は、次のようなものだ。

  • このアップデートでは、コードの実行につながる可能性のある、スタックオーバーフローの脆弱性を修正している(CVE-2009-1855)。
  • このアップデートでは、サービス妨害(DoS)につながる可能性のある、整数オーバーフローの問題を解決している。任意のコードの実行が可能であることは示されていないが、実行できる可能性がある(CVE-2009-1856)。
  • このアップデートでは、サービス妨害(DoS)につながる可能性のある、メモリ破壊の問題を修正している。任意のコードの実行が可能であることは示されていないが、実行できる可能性がある(CVE-2009-1857)。
  • このアップデートでは、コードの実行につながる可能性のある、JBIG2フィルタに存在するメモリ破壊の脆弱性を修正している(CVE-2009-1858)。
  • このアップデートでは、コードの実行につながる可能性のある、メモリ破壊の脆弱性を修正している(CVE-2009-1859)。
  • このアップデートでは、サービス妨害(DoS)につながる可能性のある、JBIG2フィルタに存在するメモリ破壊の脆弱性を修正している。任意のコードの実行が可能であることは示されていないが、実行できる可能性がある(CVE-2009-0198)。
  • このアップデートでは、コードの実行につながる可能性のある、JBIG2フィルタに存在する複数のヒーブオーバーフローの脆弱性を修正している(CVE-2009-0509、CVE-2009-0510、CVE-2009-0511、CVE-2009-0512、CVE-2009-0888、CVE-2009-0889)。
  • このアップデートでは、コードの実行につながる可能性のある、複数のヒープオーバーフローの脆弱性を修正している(CVE-2009-1861)。

 今回のパッチは、WindowsユーザーとMacユーザーにのみ提供されるものだ。同社は、UNIXプラットフォームのAdobe Readerに対するアップデートは、2009年6月16日に提供される予定だと述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]