編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

米ヤフー、Hadoopの自社開発版をリリース

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:編集部

2009-06-11 12:41

 Yahooは米国時間6月10日、Hadoopの自社開発版をオープンソースとしてリリースすると発表した。なお、Hadoopは同社の業務の多くを支えているグリッドコンピューティングフレームワークである。

 Yahooは、Apache Software Foundationが主導しているHadoop開発に大きく貢献してきている。Hadoopは基本的に、Googleが同社のインデックスサーバを稼働させるために使用しているソフトウェアのオープンソース版であり、Yahooも自社においてGoogleと同じ目的でHadoopを使用している。

 Yahoo Grid Technologiesの品質およびリリース担当エンジニアリングマネージャーであるNigel Daley氏の10日付けのブログ投稿によると、HadoopはYahooの社内において膨大な数のサーバ上で実行されているという。他の企業や組織にとって、Yahooの実装規模は自社で配備する際の規模よりもはるかに大きいというものの、Yahooが同社の膨大なウェブ資産をサポートするためにHadoopに施している信頼性向上策は魅力あるものに映るはずである。

 Daley氏は投稿の中で「今回これをリリースしたのは主に、Yahooが社内でテストを行った、大規模運用に耐えられる成果物を公開してほしいという数多くの声に応えるためである」と述べている。該当コードはYahooのこのサイトからダウンロードすることが可能となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]