マイクロソフトとノベル、共同顧客の獲得をアピール--過去半年で100以上の契約

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:編集部 2009年06月11日 16時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エンタープライズ向けのIT市場は全体として厳しい状況にあるが、NovellとMicrosoftは、数多くの共同顧客を獲得していると強調している。

 両社が発表した共同声明によると、両社は過去6カ月間で、100以上もの共同顧客と契約を結んでおり、これは2006年に両社が提携を発表してからのペースの2倍だという。両社はこれまで、合計で300以上の顧客にNovell製品のサポートと保守を提供しており、2億ドル以上に相当する金額を売り上げていると述べる。

 Microsoftは、景気状況がNovellとの事業を後押ししていると見ている。Microsoftの戦略パートナーシップおよびライセンス担当ゼネラルマネージャーであるTed MacLean氏は、「現在の景気環境において、顧客はIT投資から最大限の価値を得たいと思っている。MicrosoftとNovellのコラボレーションは相互運用性ソリューションと知的所有権(IP)の面での安心を提供するもので、このようなソリューションへの需要が高まっている」と声明で述べている。

 両社が2008年11月以降に北米地区で獲得した共同顧客として、Honeywell Aerospace、Procter & Gamble、SC Johnson、Sony Pictures Entertainmentなどがある。また両社は米国企業以外にも、多くのアジアおよび欧州の企業の名前を挙げている。

 Microsoftはしばしば、Novellとの提携をオープンソースとプロプライエタリなソフトウェアメーカーが協業できる例として紹介している。しかし、この合意を結ぶことはMicrosoftのMarshall Phelps氏が2009年に共同で執筆した著作で明かしているように、簡単ではなかったという。

 また、この合意は両社の技術的な協業を導いた。この成果には、「Microsoft System Center Operations Manager」向けのプラグインがある。このプラグインを利用すると、ITワーカーはMicrosoftの管理ソフト内で、LinuxおよびWindowsのシステム環境を監視できる。両社によると、このモジュールは6月後半にリリースされる予定であるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算