編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

結婚相手をゲットするには?--ライバルを出し抜くための戦略的な考え方 - (page 2)

梅田正隆(ロビンソン)

2009-06-12 22:30

 30歳代未婚者総数はおよそ600万人。仮にこの600万人からのみ、男女の組み合わせでカップルが生まれるものと仮定すれば、数の少ない女性の数と同数の233万5000組が生まれ、およそ133万人の男性が余ることになる。

余る30歳代男性の数は約133万人 30歳代女性すべてが30歳代男性と結婚すると、余る30歳代男性の数は約133万人。男性にとって辛い数字

 ただ、未婚女性の45%が結婚の利点として「子供や家庭が持てる」ことを挙げており、おそらくその家庭には「安定した生活」というイメージが含まれていると考えられる。そうであれば、婚活において未婚女性は、相手に対して、どちらかといえば給与等の収入を安定して得られる「正規就業者」を希望する確率が高いと思われる。

 総務省統計局が行った調査では、2009年1〜3月の平均値で、25〜34歳男性の正規雇用者の割合が「86.9%」、35〜44歳男性の正規雇用者の割合が「93.4%」となっている。恐らく、30歳代男性の正規雇用の割合は9割くらいだろう。

 厚生労働省が2004年7月に行った調査での、30歳代の就業状況別の婚姻状況を見ると、男性は正規就業者の未婚の割合が低く、女性は逆に正規就業者の方が未婚の割合が高い、という特徴が見られた。データは以下の通り。

30歳代男女の就業状況別未婚率(厚生労働省による2004年7月の調査)
  正規就業者 非正規就業者
30歳代男性
25.4%
44.8%
30歳代女性
44.8%
13.0%

 

 ちょっと調査年が古いのは気になるが、今回はアタリをつけるのが目的なので、ひとまずこの「25.4%」を30歳代男性の正規就業者の未婚割合として使ってみる。30歳代の男性が全部で951万人。その中の9割が正規労働者とすると、855万9000人。その中の25.4%が未婚者だとすると、217万4000人だ。30歳代の未婚女性の全員が、お相手の条件として正規就業者を希望した場合、217万4000組のカップルしか誕生せず、149万1000人の男性に加え、16万1000人の女性も余る計算になる。

男性ばかりか、女性もうかうかしてられない感じ 30歳代の未婚女性全員が相手の条件として、30歳代の正規就業者を希望した場合。男性ばかりか、女性もうかうかしてられない感じ。

 これらに加えて、「適当な相手にまだめぐり会わない」「交際している異性はいない」といった男女が半数もいる現状を考え合わせると、カップル成立は遠い道のりだということが何となく見えてくる。また、今回の経済危機、雇用情勢等を考慮したら、結婚成立のための社会環境も悪化していると推量できる。

 ここまでのデータを見ると30歳代の男女間で「結婚」が成立する条件は非常に厳しく、真剣に「結婚したい」と考えている年ごろの男女において、婚活はブームになっている、あるいは、今後ますますヒートアップしていく可能性が高いと見ることもできそうだ。

 もちろん、例として示したこの「ざっくり」とした分析には、いろいろと突っ込みどころがある。「30歳代同士でしかカップルは成立しないのか? 年の差婚の割合を考慮した調整が必要ではないのか?」とか「雇用形態だけが結婚の条件か? 職種や実際の年収や男性と女性の間の結婚観のマッチングについて検討すべきではないのか?」とか「そもそも、結婚を求めているのに、結果的に結婚できない可能性のある30歳代男女の比率は、ここ数年で急に増えていると言えるのか?」とかとか。

 ごもっとも。この分析は、一般に公開されている統計データやアンケート結果から市場の規模、現状、今後を推定する考え方の例としてとらえてほしい。もし興味があれば、さらに多くのデータから、より精度が高く、統計学的に有意と言えるような推測を導き出すことにも挑戦してみてはどうだろうか。

どうすればライバルを出し抜けるか?--「ゲーム理論」で考える

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
経営

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]