編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「Windows 7」RC版、8月15日にダウンロード提供を終了へ

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟

2009-06-24 07:01

 Microsoftは、かなり気前よく、多くの人々に無料で「Windows 7」を試してみるように、機会を差し伸べてきた。しかしながら、その寛大な提供にも、ついに制限が設けられたようである。

 Windows 7のリリース候補版(RC)を試用してみたい人々は、8月15日までに、コードをダウンロードしなければならない。8月15日以降も、すでにダウンロードしてあるRC版のコピーをインストールすることは可能であるものの、Microsoftのウェブサイトから、新たにコードをダウンロードして取得するのは難しくなる。

 もしスペアマシンとして使えるPCを所有しているのであれば、Windows 7を試用してみる価値は十分にある。筆者は、これまで数カ月間、Windows 7のRC版を試用してきたが、日々の業務にも使える、安定した性能を備えていると納得するに至っている。とりわけMacユーザーにとっては、会社からWindowsのコピーを盗み出したり、合法的に使用するために、余分の出費を強いられたりすることなく、MacでWindowsを試用できる、良いオプションとなるだろう。

 また、RC版と異なり、依然としてWindows 7のベータ版を使っているユーザーにとっては、別なる使用期限が迫っている。7月1日から、Windows 7のベータ版は、1時間おきにシャットダウンを開始するようになる。

 いずれにせよ、この問題を回避するためには、今後7日ほどの間に、ベータ版からRC版への移行が求められることになる。7月1日に始まるシャットダウン制限に加えて、Windows 7のベータ版は、8月1日には、完全に期限切れを迎えることになる。

 同様に、Windows 7のRC版も、永遠に使い続けることはできない。Microsoftは、RC版が、2010年6月1日に期限切れとなり、それに先立つ3月1日からは、2時間ごとにシャットダウンを繰り返すようになることを、明らかにしている。さらに、Microsoftは、Windows 7のRC版から最終製品版へと移行することを望む人は、クリーンインストールを行わねばならないとも語っており、この点でも、備えをしておかねばならないだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]