スパコントップ500、IBMの「Roadrunner」が首位を維持

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、高森郁哉] 2009年06月24日 12時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Jaguar」(ジャガー)が懸命に追いかけるも、「Roadrunner」(ミチバシリ鳥)が引き続き先頭を独走し、スーパーコンピュータの集団を置き去りにしている。

 これは、ドイツのハンブルグで現地時間6月23日午前、「International Supercomputing Conference」(ISC)において発表されたスパコン世界最速ランキング「TOP500」の結果だ。同ランキングは毎年2回、6月と11月に発表される。

 米エネルギー省(DOE)のロスアラモス国立研究所が保有するIBM製のスーパーコンピュータ、通称Roadrunnerは、前回の2008年11月に獲得した首位の座を維持している。TOP500ランキングのベンチマークアプリケーション「LINPACK Benchmark」によれば、Roadrunnerは1.105ペタFLOPS(1ペタFLOPSは毎秒1000兆回の浮動小数点演算を行える処理能力を意味する)を実現したという。前回に続いてRoadrunnerの後塵を拝したのは、DOEのオークリッジ国立研究所が保有するシステム「Cray XT5 Jaguar」で、1.059ペタFLOPSを記録した。

 2009年6月のTOP500では、これら上位2位に変動はないが、複数の新顔が上位10位の中にランク入りしており、それらは米国内のものではない。新しいIBM製コンピュータ「JUGENE」は、ドイツのユーリヒ総合研究機構(FZJ)に設置されており、825.5テラFLOPSを実現してランキングの3位に入った。FZJは、10位のスパコン「JUROPA」も保有している。JUROPAはBullの「Novascale」サーバとSun Microsystemsの「Sun Blade 6048」サーバを組み合わせたもので、274.8テラFLOPSを達成した。

 世界最速コンピュータ上位10位の残りは、すべて米国内に設置されている。だが、米国外の施設には注目を要するものが一部ある。サウジアラビアのアブドラ王立科学技術大学(KAUST)が保有するIBM製の「BlueGene/P」システムは14位に入り、中国の上海スーパーコンピュータセンター(SSC)が保有する曙光(Dawning)製の「Dawning 5000A」は15位に入った。

 TOP500にランク入りするためのハードルは、2009年6月に一層高くなった。最下位となる第500位のコンピュータのベンチマークスコアで比較すると、2008年11月では12.64テラFLOPSだったのが、今回は17.1テラFLOPSになっている。上位500位のスパコンのベンチマークスコアを合計した数字にも同じ傾向がある。2008年6月には11.7ペタFLOPSだったのが、同年11月には16.95ペタFLOPSになり、今回は過去最高の22.6ペタFLOPSとなった。

 ランキング上位を複数獲得したにもかかわらず、これらのスパコンに対し最大のサーバ供給企業であるIBMの全体的な優位は、Hewlett-Packard(HP)に脅かされてきた。IBMが設置済みシステム全体の性能でリードしているのに対し、市場シェアではHPの212台がIBMの188台を凌いでいる。

 サーバ内部のプロセッサに目を向けると、Intel製品が最大のシェアを占めており、TOP500のうち399のシステム(全体の80%弱)に同社製プロセッサが搭載されている。IBMの「Power」プロセッサは2番目に多く採用され、55のシステムに搭載されている。

TOP500ランキング上位10位:

  • ロスアラモス国立研究所のIBM製Roadrunner(1.105ペタFLOPS)
  • オークリッジ国立研究所のCray製Jaguar(1.059ペタFLOPS)
  • ユーリヒ総合研究機構のIBM製JUGENE(825.5テラFLOPS)
  • 米航空宇宙局(NASA)エイムズ研究所のSGI製「Pleiades」(487.01テラFLOPS)
  • ローレンス・リバモア国立研究所のIBM製「BlueGene/L」(478.2テラFLOPS)
  • 米計算科学研究所(NICS)のCray製「Kraken XT5」(463.3テラFLOPS)
  • アルゴンヌ国立研究所のIBM製BlueGene/P(458.61テラFLOPS)
  • テキサス大学オースティン校テキサス先端計算センターのSun製「Ranger」(433.20テラFLOPS)
  • ローレンス・リバモア国立研究所のIBM製「Dawn」(415.70テラFLOPS)
  • ユーリヒ総合研究機構のBull製JUROPA(274.80テラFLOPS)

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]