編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

スパコントップ500、IBMの「Roadrunner」が首位を維持

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、高森郁哉]

2009-06-24 12:22

 「Jaguar」(ジャガー)が懸命に追いかけるも、「Roadrunner」(ミチバシリ鳥)が引き続き先頭を独走し、スーパーコンピュータの集団を置き去りにしている。

 これは、ドイツのハンブルグで現地時間6月23日午前、「International Supercomputing Conference」(ISC)において発表されたスパコン世界最速ランキング「TOP500」の結果だ。同ランキングは毎年2回、6月と11月に発表される。

 米エネルギー省(DOE)のロスアラモス国立研究所が保有するIBM製のスーパーコンピュータ、通称Roadrunnerは、前回の2008年11月に獲得した首位の座を維持している。TOP500ランキングのベンチマークアプリケーション「LINPACK Benchmark」によれば、Roadrunnerは1.105ペタFLOPS(1ペタFLOPSは毎秒1000兆回の浮動小数点演算を行える処理能力を意味する)を実現したという。前回に続いてRoadrunnerの後塵を拝したのは、DOEのオークリッジ国立研究所が保有するシステム「Cray XT5 Jaguar」で、1.059ペタFLOPSを記録した。

 2009年6月のTOP500では、これら上位2位に変動はないが、複数の新顔が上位10位の中にランク入りしており、それらは米国内のものではない。新しいIBM製コンピュータ「JUGENE」は、ドイツのユーリヒ総合研究機構(FZJ)に設置されており、825.5テラFLOPSを実現してランキングの3位に入った。FZJは、10位のスパコン「JUROPA」も保有している。JUROPAはBullの「Novascale」サーバとSun Microsystemsの「Sun Blade 6048」サーバを組み合わせたもので、274.8テラFLOPSを達成した。

 世界最速コンピュータ上位10位の残りは、すべて米国内に設置されている。だが、米国外の施設には注目を要するものが一部ある。サウジアラビアのアブドラ王立科学技術大学(KAUST)が保有するIBM製の「BlueGene/P」システムは14位に入り、中国の上海スーパーコンピュータセンター(SSC)が保有する曙光(Dawning)製の「Dawning 5000A」は15位に入った。

 TOP500にランク入りするためのハードルは、2009年6月に一層高くなった。最下位となる第500位のコンピュータのベンチマークスコアで比較すると、2008年11月では12.64テラFLOPSだったのが、今回は17.1テラFLOPSになっている。上位500位のスパコンのベンチマークスコアを合計した数字にも同じ傾向がある。2008年6月には11.7ペタFLOPSだったのが、同年11月には16.95ペタFLOPSになり、今回は過去最高の22.6ペタFLOPSとなった。

 ランキング上位を複数獲得したにもかかわらず、これらのスパコンに対し最大のサーバ供給企業であるIBMの全体的な優位は、Hewlett-Packard(HP)に脅かされてきた。IBMが設置済みシステム全体の性能でリードしているのに対し、市場シェアではHPの212台がIBMの188台を凌いでいる。

 サーバ内部のプロセッサに目を向けると、Intel製品が最大のシェアを占めており、TOP500のうち399のシステム(全体の80%弱)に同社製プロセッサが搭載されている。IBMの「Power」プロセッサは2番目に多く採用され、55のシステムに搭載されている。

TOP500ランキング上位10位:

  • ロスアラモス国立研究所のIBM製Roadrunner(1.105ペタFLOPS)
  • オークリッジ国立研究所のCray製Jaguar(1.059ペタFLOPS)
  • ユーリヒ総合研究機構のIBM製JUGENE(825.5テラFLOPS)
  • 米航空宇宙局(NASA)エイムズ研究所のSGI製「Pleiades」(487.01テラFLOPS)
  • ローレンス・リバモア国立研究所のIBM製「BlueGene/L」(478.2テラFLOPS)
  • 米計算科学研究所(NICS)のCray製「Kraken XT5」(463.3テラFLOPS)
  • アルゴンヌ国立研究所のIBM製BlueGene/P(458.61テラFLOPS)
  • テキサス大学オースティン校テキサス先端計算センターのSun製「Ranger」(433.20テラFLOPS)
  • ローレンス・リバモア国立研究所のIBM製「Dawn」(415.70テラFLOPS)
  • ユーリヒ総合研究機構のBull製JUROPA(274.80テラFLOPS)

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]