編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

アップル、MacクローンメーカーPsystarに対する訴訟を再開へ

文:Jim Dalrymple(Special to CNET News) 翻訳校正:矢倉美登里、長谷睦

2009-06-25 11:42

 AppleはPsystarが再び出廷することを望んでいたが、どうやらそれが現実になりそうだ。

 5月にPsystarが破産申請した際に訴訟は自動的に中止になっていたが、米CNET Newsが入手した裁判所の書類によると、裁判所がこの措置を撤回したようだ。

 フロリダ州南部地区連邦破産裁判所のRobert A. Mark判事は、米国時間6月19日に訴訟中止措置を撤回した。これにより、AppleのPsystarに対する著作権侵害訴訟は続行可能となった。

 Appleは、Appleへの追加資料提供をPsystarに求める申し立てが認められた後でPsystarが破産を申請したと指摘し、訴訟中止措置の撤回を強く求めた。また、破産申請はPsystarが予定されていた宣誓証言を実施する直前に行われた。

 Appleは、著作権侵害訴訟で勝訴してもPsystarに損害賠償金を一切求めないとの条件に同意し、破産裁判所による訴訟中止措置撤回への道を開いた。これは裁定を下す際にMark判事が課した条件でもあった。

 Appleが、Psystarに対する訴えに十分な根拠があり、有利な判決を勝ち取れると感じていることは明らかなようだ。そうでなければ、訴訟の再開をこれほど強く求めていないだろう。

 Appleは、ユーザーがインストールする前に同意しなければならない「Mac OS X」の使用許諾契約(PDFファイル)は、裁判所の精査に耐えうるものだと主張している。実際、Mac OS Xの使用許諾契約には、Appleブランドのコンピュータにしか同OSをインストールできない旨が明記されている。したがって、いかなるクローンメーカーにも、Macクローンを製造する正当な根拠はないということになる。

 Appleは2009年に入り、クローンメーカー数社に対応してきたが、なかでもPsystarとの訴訟は最も進展しているので、Appleが訴訟を完結させようとするのも当然と言える。

 Appleがこの訴訟で有利な判決を勝ち取ることができれば、Macクローン事業に進出したがっている他社に対する抑止力として、この前例を用いることも可能になる。RussianMacとPearCはそれぞれロシアとドイツでMacクローンの販売を開始しており、Quo ComputerはロサンゼルスにMacクローンを販売する初の小売店をオープンしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]