PCメーカー各社、「Windows 7」無料アップグレードを提供へ

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟 2009年06月26日 09時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、2009年末のホリデーシーズンに間に合わせて、「Windows 7」の出荷を開始できる見込みだが、新学年が始まる時期を前にしたシーズンは逃すことになってしまう。

 とはいえ、この問題を解決し、新しいOSがリリースされる前に、PC販売が失速するのを避けるため、Microsoftは、これまで何カ月もの間、無料のアップグレードプログラムの提供準備を進めてきており、米国時間6月25日に入って、正式な発表を行った。

 同アップグレードプログラムにより、「Windows Vista Home Premium」、「Windows Vista Business」、「Windows Vista Ultimate」が搭載されたPCの購入者には、10月のWindows 7リリース後に、対応するバージョンへのアップグレードが、無料で提供される。Microsoftは、このアップグレードプログラムが、少しでもPC販売の押し上げに貢献するようにと願っている。

 MicrosoftのコーポレートバイスプレジデントであるBrad Brooks氏は、インタビューに応じ、「こうしてPC向けのアップグレードプログラムが発表された現在、特に学生にとっては、新たにPCを購入する、おそらくは最高のタイミングがやってきた」と語っている。厳密に言うならば、Microsoftは、Vistaを搭載するPCの在庫がなくなるまでに長い時間がかかるとの予測から、同アップグレードプログラムの提供は、2010年1月末まで続くことになるとのアナウンスを行っている。

 Microsoftが、各PCメーカーに対して、アップグレード権利の提供に必要な金額の負担を迫るのではないかとの推測も流れていたものの、Brooks氏は、最終的にMicrosoftが、無料での提供を決断するに至ったことを明らかにしている。各PCメーカーは、望むならば、配送料や手数料、その他の何らかの低価格の料金を、(同プログラムの利用者に対して)請求することが可能である。

 Brooks氏は「Microsoftとしては、同プログラムの提供に、一切の金銭的な負担を求めない方針である。その実施方法に関しては、各PCメーカーに裁量が委ねられている」と述べた。

 たとえば、Hewlett-Packard(HP)は、無料でアップグレードプログラムの提供を行なう方針を、25日に発表した。Windows 7が出荷された後、Vistaを搭載するPCの購入者に対し、Windows 7のディスクと、ユーティリティ、ドライバ、その他のソフトウェアが含まれた別のディスクのセットが、郵送される予定である。Asusは、米国内における、無料でのアップグレードプログラムの提供方針を明らかにしたが、他の地域の顧客には、配送料および手数料の負担が求められる予定だ。

 Acer(eMachinesおよびGatewayブランドを含む)、富士通、Lenovo、東芝も、同プログラムへの参加を表明しているものの、提供に際して、どのような料金体系を採用するのかは、まだ現時点では明らかにされていない。

 なお、今回の発表は、MicrosoftがVistaの発売時に提供した、同種のアップグレードプログラムとは、いくらか違いがあることも判明している。Vistaのテクノロジ保証プログラムにおいては、どのようにアップグレードが提供されるべきかに関して、Microsoftが主導権を握っていた。とはいえ、Microsoftは今回、さまざまな物事を各PCメーカーに任せる方針を打ち出している。

 Brooks氏は「アップグレードプログラムの提供に関して、各PCメーカーは、Microsoftよりも優れた手法を採用可能であると考えており、われわれとしても、そのことを認めることにした。各PCメーカーが提供手法の構想を練り、必要となるプロセスの処理も手がけていくことになる」と語った。

 しかしながら、欧州では、やや事情が複雑になる。Microsoftは、欧州でもアップグレードプログラムを提供するものの、同社は、規制当局による制限を事前に回避するため、欧州ではブラウザ非搭載のWindows 7を、「E」バージョンとして提供することになるため、各ユーザーは、対応するバージョンへのアップグレードに際しても、クリーンインストールを行わねばならない。

 Microsoftは、Windows 7を搭載した新たなPCやパッケージ製品の発売が、10月22日にスタートするとのアナウンスを行ってきた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]