編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

デスクトップ仮想化で削減できるコストは5年間で約8600万円--ITRが試算

吉澤亨史

2009-06-30 12:39

 アイ・ティ・アール(ITR)は6月29日、デスクトップの仮想化により、クライアントPCの管理がどれだけ効率化できるかを試算した結果を発表した。

 「国内に7拠点を有する、エンドユーザー数1500名の製造業」という企業を想定し、デスクトップ仮想化技術を導入した場合と従来のクライアントPCを利用した場合の運用管理コストについて、5年間分を試算した。デスクトップ仮想化ソフトウェアとしては、Citrix SystemsのXenDesktop製品を想定しており、初期導入、PCリプレース、運用管理、保守契約、機会損失の5つのケースを対象とした。

 試算の結果、デスクトップ仮想化技術を導入した場合は、初期導入コストが大きくなるものの、PCリプレースコスト、運用管理コスト、機会損失コストが削減できるため、3年目には従来のクライアントPCを利用し続けた場合とほぼ同じになった。さらに、5年間全体でみると、クライアントPCをそのまま使い続けた場合よりも22%、約8600万円のコストが削減できたとのことだ。

 特に差額が大きかったのは、運用管理コストの約6000万円と、機会損失コストの約9000万円。このコスト差は、セキュリティ維持のためにエンドユーザーが行う作業の有無が大きな要因とのことだ。

 なお、同社が4月に国内企業ユーザー372社を対象に、「クライアントPC管理において改善したい点は何か」という質問したところ、「運用管理コストの削減」と回答した企業が44.6%と最も多かったことから、運用管理コストの削減は企業にとっての重要な課題となっているとも指摘している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]