編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

日商エレ、Google製SaaSの販売を開始:自社でSaaS提供も構想中

ZDNet Japan Staff

2009-07-08 21:05

 日商エレクトロニクスは7月8日、Googleと代理店契約および開発パートナー契約を締結したと発表した。これにより、日商エレクトロニクスはGoogleのオフィスツール「Google Apps Premier Edition」と、メール・セキュリティ・コンプライアンス・サービス「Google Postini Services」の国内向けの販売、開発、サポートを本日より開始する。同社は将来、他社のPaaS上でアプリケーションを開発し、自らがSaaS事業者として事業展開することも構想しているという。

 Google Apps Premier Editionは、Googleが提供するSaaS型オフィスツール。メール、オンライン通話、チャット、スケジュール管理、ワープロ、表計算シート、プレゼンテーション、ウェブページ作成ツール、動画共有ツールをサービスとして利用可能。Google Postini Servicesは、スパム対策、ウィルス対策、メールアーカイブなどのメールセキュリティに特化したサービス。

 SaaSとして提供されるため、ユーザーにとってはハードウェアやソフトウェアの購入、それらのインストールと管理が不要になる。また、利用者が増えてもシステムを増強する必要がなく、ユーザー数分のサービス利用料金で利用することができる。

 日商エレクトロニクスでは今後、Googleが提供するSaaSの販売だけに留まらず、オンプレミスからクラウドコンピューティングへの移行サービスや、クラウドコンピューティングの評価および検証を支援していきたい考え。また、業務形態に応じたシステム開発を行い、オンプレミスとクラウドコンピューティングの連携、クラウドコンピューティング同士の連携、既存SaaSのプラグンイン開発を予定しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]