サン株主、オラクルによる買収を承認

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:湯木進悟

2009-07-17 06:36

 Sun Microsystemsは米国時間7月16日、Oracleからの買収提案をめぐる投票が行われた臨時株主総会において、同社株主が買収提案を承認したとの発表を行った。

 OracleがSunの普通株を1株あたり9.50ドルの現金、総額74億ドル(Sunの保有現金や負債を考慮した場合の実質的な買収額は56億ドル)で買収することについて、Sunの普通株を保有する約62%の投資家が賛成票を投じた。

 OracleによるSunの買収は、Javaのライセンス方式に関する問題を争点に独占禁止法違反などの疑いがないかどうか、依然として米司法省による調査が継続中である。しかしながら、Oracleは、2009年夏の間に買収契約の締結を完了する見通しに変更はないとの見方を表明している。

 Sunの2009年第4四半期(4-6月期)の決算は、世界不況の影響を厳しく受けて、売り上げは低迷し、純損失を計上すると見られている。

 Oracleは、4月20日にSunの買収案を発表した。この発表の前には、Sunの買収をめぐって他の複数の企業が交渉を続けたものの、合意には至らなかったとされている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]