RSAセキュリティ、iPhone向けにワンタイムパスワードを生成する新製品

新澤公介(編集部)

2009-07-23 21:24

 RSAセキュリティは7月23日、企業が使用するiPhoneやBlackBerry、Windows Mobileなどのスマートフォン向けに、ワンタイムパスワードを発行するソフトウェア「RSA SecurID Software Token」を提供すると発表した。販売および保守サービスを7月31日より開始する。

 RSA SecurID Software Tokenは、メールや社内ネットワークへのアクセス時において、ログイン認証に必要なワンタイムパスワードを発行するソフトウェア。発行されたワンタイムパスワードとVPN機能の二要素認証により、企業のモバイルセキュリティを強化できるという。また、スマートフォンで利用できるため、これまでのトークンのような持ち出しや、これに伴う不正アクセスなどを防止できるとしている。

 パスワードは画面上に60秒間表示される。また、誰が、いつ、どこにアクセスしたかをログとして記録できるため、導入企業は的確な情報統制を実施できるという。RSAセキュリティでは、2012年に365万台に成長するとされているスマートフォン市場において、需要の拡大を見込んでいる。

 対応OSは、iPhone OS 2.2および3.0、BlackBerry OS 4.2.2以上、Microsoft Windows Mobile 6および6.1。価格は、ライセンス数により異なるが、2年版ライセンスを100ユーザー分購入した場合、1ユーザーあたり4800円。また、iPhone版は、Apple App Storeから無料でダウンロードできるが、トークンを有効化するシードはRSA SecurID販売代理店が販売する。なお、保守サービスは有償となっている。

「RSA SecurID Software Token」 パスワードは60秒間表示される

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]