編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

フォトレポート:マイクロソフト2010年マーケティングカレンダー--主要製品計画を明らかに - 4/7

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet) 翻訳校正:川村インターナショナル

2009-07-28 07:30

 Microsoftは、先々週開催のWorldwide Partner Conferenceで、同社の2010年度の計画の一部を再販業者に伝えた。この1年には、同社が始まって以来最も多くの製品が発売される予定になっている。ここでは、同カンファレンスで発表された多数のスライドから、Microsoftの新製品の購入を計画しているコンシューマーとビジネスユーザーに、最も役立つであろうものをいくつか取り上げる。  このスライド(拡大図)は、同社の2009年7月から始まる年度の販売およびマーケティングカレンダーだ。2009年11月は、「Windows 7」「Windows Server 2008 R2」「Exchange Server 2010」による大攻勢の月となる。2010年初め(Microsoftの第3四半期)には「SharePoint 2010」で、そして2010年春には「Visual Studio 2010」と「SQL Server 2008 R2」で、営業部隊のギアがますます上がる。
 このスライドには、Microsoftが通常は公開しないデータが含まれている。Microsoftは、Windows 7をインストールした新規PCの、大企業ユーザーに対する2010年の販売台数を、4500万台と見積もっている。さらに5000万台のPCが「Windows 7にアップグレード可能」だという。Microsoftはまた、アップグレードが可能になる「Software Assurance」のアクティブユーザーが5100万人になるだろうと指摘している。

 このスライドには、Microsoftが通常は公開しないデータが含まれている。Microsoftは、Windows 7をインストールした新規PCの、大企業ユーザーに対する2010年の販売台数を、4500万台と見積もっている。さらに5000万台のPCが「Windows 7にアップグレード可能」だという。Microsoftはまた、アップグレードが可能になる「Software Assurance」のアクティブユーザーが5100万人になるだろうと指摘している。

提供:Mary Jo Foley

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]