モジラ、「Firefox 3.6」の機能リストを発表

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル 2009年07月30日 16時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozilla Foundationは、「Firefox 3.6」の公式の機能リストを発表した。これは、同バージョンでの変更点について知る必要のある、プログラマー向けのガイドという形をとっている。

 Firefox 3.6開発者ガイドには、メニューバーを自動的に隠す機能が記載されている。この変更点は、Mozillaが「Firefox 3.7」や「Firefox 4.0」向けに模索し始めた、より質素なFirefoxユーザーインターフェースデザインと一致するものだ。プラグインの開発者や、自作アドオンの管理にメニューバーを使用する人々にとって、これは重要なことである。

 ウェブアプリケーションの開発者向けには、特定のイベントに呼応して再生される音を追加できる機能がある。この機能は、新着電子メールやインスタントメッセージ、ウェブアプリケーション内のさまざまなイベントをユーザーに通知する際に重宝しそうだ。

 ほかにも、ブラウザが緯度と経度の座標だけでなく、通りや都市、郵便番号など人間に分かりやすい呼称も表示できるようにする変更点がある。承認されたウェブサイトが地図上でユーザーの現在地や近くにあるカフェを表示するといった位置情報サービスの追加は、「Firefox 3.5」の目玉の1つである。

 Mozillaの文書化作業を監督するEric Shepherd氏は、この案を単なる「最初の下絵」と呼んでいる。そのため、これでFirefox 3.6の機能が確定したと考えてはいけない。

 Mozillaは6月にFirefox 3.5をリリースした。「Namoroka」というコード名の次期Firefoxへの今後の取り組みは、パフォーマンス、辞書などのシステムサービスとの統合、ウェブアプリケーションに重きが置かれる。Firefox 3.6は、2010年の初頭から中頃にリリースされる予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算