ラップトップ盗難防止用のBIOS rootkitに脆弱性

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2009年07月31日 15時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラスベガス発 -- HP、Dell、Lenovo、東芝、Gateway、Asus、Panasonicが作ったノートブックに搭載されて出荷されている、有名な盗難ラップトップ回収サービスは、実際には悪意を持ったハッカーにハイジャックされ、コントロールされる可能性のある危険なBIOS rootkitだった。

 Black Hat会議で行われた、Core Security Technologiesの研究者Alfredo Ortega氏とAnibal Sacco氏の発表によれば、このComputer LoJack for Laptopsと呼ばれるサービスには設計上の脆弱性があり、強い認証の仕組みに欠けているため、「影響のあるシステムの完全で永続的な侵害」につながる可能性があるという。

 Computrace LoJack for Laptopsはすべての新しいラップトップの約60%にプレインストールされているBIOS内で活動するソフトウェアエージェントで、定期的に中央の拠点と連絡を取り、ラップトップが盗まれた場合には命令を受ける。この定期的に連絡を取るメカニズムによって、中央の拠点からBIOSエージェントに対してセキュリティ確保措置としてすべての情報を消去する命令を出したり、そのコンピュータの場所を追跡したりすることができる。

 Ortega氏とSacco氏の説明によれば、この盗難ラップトップ回収サービスが有効に働くためには、このソフトウェアは見つかってはならず、システムの制御を完全に握る必要があり、ハードディスクの消去やOSのインストールに対して非常に強くなくてはならない。

 「これはrootkitだ。正規のものではあるかも知れないが、危険なrootkitだ」とSacco氏は断言した。この研究チームは、BIOSベースのマルウェア攻撃に関する研究の途中で、このrootkit的な技術に出くわした。この2人は、2008年のCanSecWestセキュリティ会議で、リブートやフラッシュしようとする試みから生き残る永続的なコードに、BIOSを感染させる方法についてデモンストレーションを行った。

(参照:Researchers demo BIOS attack that survives hard-disk wipe

 最大の問題は、悪意のあるハッカーが中央の拠点に連絡を取るプロセスを、操作したりコントロールしたりできてしまうことだと、Ortega氏は説明する。これは、この技術が使っている設定メソッドには、Option-ROMにハードコーディングされているIPアドレス、ポート、URLの情報が含まれているためだ。Sacco氏の説明によれば、この設定メソッドは、最初に実行された際に、レジストリやハードディスクのパーティション間スペースなどを含む多くの場所にコピーされるという。

 2人は、この設定メソッドを探して修正することは簡単で、IPやURLを悪意のあるサイトに向けることが可能であり、そこから認証されていないペイロードをラップトップに送ることができると述べている。

 このrootkitはアンチウィルスソフトのホワイトリストに載っているため、悪意を持った修正も気づかれないままになる。署名のないBIOSでは、設定の修正によって、非常に永続的で危険な形式のrootkitができてしまう。

 2人は、中央拠点に連絡を取る手順に電子署名を使った認証を組み込むことを推奨している。

 Core Securityはすでに、米国コンピュータ緊急事態対応チーム(US-CERT)と1社の大手ラップトップメーカーの助けを借りて、これらの問題をComputraceソフトウェアを作っているAbsoloute Softwareに報告している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算