編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

BIで幸せになるのは経営者だけじゃない!--MSが考える「戦略実現ツール」の理想型とは - (page 3)

梅田正隆(ロビンソン)

2009-07-31 16:24

現場における意思決定のフィルタとしてのBI

 こうした課題について、マイクロソフトはどんな解決策を提供しているのか。

 マイクロソフトの考えるBIは、学術的な統計処理とは全く違う位置づけにある。その理由は、「意思決定」とは仮説を検証し、選択し、行動することであるためだ。選択肢のどちらが有利かを判断できれば十分で、特に現場においては、身近な分野であればデータが不足していても経験で補える。そこに複雑な計算は不要とされる。むしろ重要なのは、社員それぞれの「仮説力」であると考えているのだ。

 そこで同社のBIは、現場の経験を活かすことを試みる。現場の経験に基づく「カン」が良い仮説を生み出すからだ。スピーディな仮説構築が、スピーディな仮説検証、そして「意思決定」につながる。BIが提供する事実が仮説構築のきっかけとなり、仮説検証の助けとなる。つまり、現場担当者が使ってこそ効果的なBIを指向しているのである。

 米野氏は「現場の人に、BIを意思決定のフィルタとして活用してもらうことを考えている」と話す。

 社員は自分のダッシュボードを開き、戦略マップで戦略を共有し、戦略マップと連動したスコアカードで成果を確認する。気になるスコアをドリルダウンしてデータを辿ったり、関係するドキュメントを参照したり、プロジェクトサイトにアクセスしたり、プロジェクトメンバーとコミュニケーションすることができるという。

マイクロソフトが推進する「現場が使うBI」のイメージ マイクロソフトが推進する「現場が使うBI」のイメージ(出典:マイクロソフト)

 もう少しだけ具体的に見てみよう。マイクロソフトのパフォーマンス マネジメントツールを見ると、いわゆるダッシュボードを提供する「モニタリング機能」に加え、OLAPなどの分析機能を提供する「分析・レポーティング機能」、さらにExcelのピボットテーブルにデータを入力すると、直接データベースに書き込まれる「プランニング機能」を備えている。

 Excelのピボットテーブルからデータベースに書き込む機能を、なぜ「プランニング機能」と呼ぶのか。米野氏は、予算と実践のギャップという観点から次のように説明する。

 例えば、営業部門では月次〜日次で売上予測を立てており、各チームは3カ月先の売上がどうなるかを予想し活動している。ただし、それらの業績見通し明細を全社レベルで集約し、企業戦略に生かしていく仕掛けがこれまではなかった。

 そこで「予測をExcel経由で投入してもらう」という仕掛けを用意した。

 一般に、多くの人がExcelベースで作業を行っているが、そのExcelシートがPCに留まったまま、集計データが上位層に上がっていくため明細が分からない状態になる。Excelで作業する普段の現場の業務を変えることなく、その作業がそのままデータベースに取り込まれ、リアルタイムに「見通し」を集約できる仕組みを用意したのである。

 投入された見通しデータは、SQL Serverの多次元データベースに記録され、常に最新の状態の集計結果を社員が共有できるようになる。

 「集計データの売上高に対してトップが20%アップした数字を設定し、各部門に対して予算データをトップダウン配賦することも可能。予算編成にも使えるし、データベースが備えたロジックを使用して、売上高がどう変化するかシミュレーションすることもできる」(米野氏)

 マイクロソフトのパフォーマンスマネジメントは、これまで独立したサーバ製品として提供されてきたが、Microsoft Officeの次のバージョンからは「Microsoft Office SharePoint Server Enterprise」に統合され、SharePointの「PerformancePoint Services」として提供されるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
日本マイクロソフト
経営

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]