ネットブックへの回答は「超薄型コンピュータ」とバルマーCEO

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子 2009年08月03日 06時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)、Steve Ballmer氏は誤解されていると感じている。

 Ballmer氏は米国時間7月30日に開催したアナリスト向けの年次会議「Financial Analyst Meeting(FAM)」で、集まった金融アナリストに対し、前日の29日に発表したMicrosoftとYahooの提携が両社にとってwin-winであることを説明するのに多くの時間を費やした(それでも、Yahooの株安は食い止められなかった。Yahooは最大の資産である検索事業を売却したと多くが感じたからだ)。

 Ballmer氏がFAMでフォーカスした話題は、Yahoo提携話だけではない。アナリストに自分の見解を留意してもらうことを望みながら、他の分野についても話をした--ネットブックだ。

 「あなた方(金融アナリスト)の多くが、MicrosoftはWindows事業で問題を抱えていないのに、多くの問題を抱えていると思っているようだ」とBallmer氏。「われわれは確固としたものを構築したと思っている。そして、この市場における収益がどのようなものか、どの程度成功しているのか、またこの市場でMicrosoftが強くなればどのようになるのか、収益がどうなるのかを理解していただきたいと思う」と続けた。

 他のMicrosoftの幹部とは異なり、Ballmer氏は「ネットブック」という言葉を用いることを恐れていない。実際、FAMでBallmer氏は、ネットブックはMID(Mobile Internet Devices)と同義語だと述べた。

 Ballmer氏は、ネットブックがMicrosoftのWindowsクライアント収益ベースを侵食しているという考えに対して異議を唱える。そして、部下から複雑だといわれた(私も同じ意見だ)というスライドを見せながら、ネットブックがWindowsの利益を奪っていないことを示そうとした。

 これが、Ballmer氏が見せたスライドのうち、あまり複雑ではない方だ。


 これが、出席者の多くを困惑させたスライドだ。


 Ballmer氏はアナリストに向かって、「超薄型」PC--もしくは、ハイエンドのネットブック--という新しい種類が今年登場すると述べた。ネットブックの軽量さに、通常のPCのパワーと性能を組み合わせたものだという。

 「顧客と話をしていると、「ネットブックは好きだが、大きな画面のものがあるとよいが」とよく耳にする」とBallmer氏は述べた。

 Ballmer氏によると、今年登場するという新しい超薄型PCはおそらく「Windows 7」を搭載、価格はネットブックのように299ドル、399ドルというわけにはいかないだろうという。だが、ネットブックのポータブル性に、まだ具体的にはわからないが株主、アナリスト、Microsoftが満足するような高い価格が組み合わさる(現在のネットブック価格に慣れている顧客がどのぐらい満足するのかは、後ほどわかるだろう)という。

 「われわれのライセンスからネットブックとは何かがおわかりだと思う。われわれのライセンスは、超小型画面を持ち--必然的にキーボードも小さいことになり、ある程度のプロセッサを搭載し……、と定義している」とBallmer氏。しかし、「軽量パフォーマンスという長所を活用しながら、Microsoft、Intel、HP(Hewlett-Packard)、Dellなど多くの企業がこれまで以上の収益を得られるようにしたい。そうすれば、現在の推移トレンドを引き続き発展させることができる」。

 Windows PCの敵はネットブックだけではない。Ballmer氏は、Googleの「Android」「Chrome OS」など新しいOSも敵となる、と語った。そして、これらのライバルを「シンクライアント」にすぎないと片付けた(Chrome OSがどのようなものなのか、まだわからないが、としながら。だが、まだ誰もChrome OSの実態を知らないのだ)。

 あったとしても限定的な処理能力をローカルに持つPCを指しながら、「シンクライアントを信じる人はいない」とBallmer氏はアナリストに語る。

 「われわれのライバルには、シンクライアントを信じるという企業もある。彼らが意味しているのはブラウザOSを信じているということであり、GoogleやFirefoxがそういっているし、今後他も出てくるだろう」とBallmer氏。「だが、そこになにか魔法の技術や革命的なものがあるわけではない」。

 Ballmer氏は1時間半のスピーチで、これまで聞いたことがないメッセージを出した。Microsoftはご存知の通り、ハイボリューム・ローコストプラットフォームを構築することでのしあがった企業だ。だが30日、Ballmer氏は「ハイボリューム・ハイバリュー」について語った(WindowsとLinuxを比較するときに、この言葉を口にした)。

 ネットブックが関心を集める中で、PCにこれまで以上の額を投資し、今年登場する新世代のWindowsにアップグレードするようMicrosoftがユーザーをどのように導くのか、興味深いところだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]