編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本IBMとノベルもSolaris移行支援プログラムの提供を開始

ZDNet Japan Staff

2009-08-06 17:20

 日本IBMとノベルは8月6日、「Solaris」から「SUSE Linux Enterprise Server」への移行を支援するプログラム「リナックス搭載スケールアップ型サーバー移行支援プログラム(SUPRI:SUSE Linux Enterprise Server Scale Up Migration Program Running on IBM)」を提供すると発表した。

 両社は共同コンサルティングチームを組織し、ノベルのサーバOSを搭載したIBMのサーバ製品群への移行を促していく。両社は基幹システムの中でも特にデータベースサーバの移行が最もコスト削減効果が大きいと考えており、今回のプログラムは主に同分野の移行を対象としている。本プログラムの提供期間は8月6日から2009年末まで。

 日本IBMはSUSE Linux Enterprise Server関連のスケールアップ型サーバへの移行について、効果の無償アセスメント、移行作業にかかる費用の無償見積もり、移行計画立案のための支援、有償移行サービスなどを提供する。

 ノベルはIBMのスケールアップ型サーバのハイエンドモデルと、SUSE Linux Enterprise Serverを組み合わせた環境に対して、出荷開始から10年間の保守サービスなどを提供する。

 そのほか、日本IBMは上記のノベルのサービスに、システム技術支援サービス(STSS)を組み合わせ、ハードウェア、OS、ミドルウェアの保守サポートをシームレスに提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]