編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

Windows 7の「Windows XPモード」がもたらす10個の明るい展望 - (page 2)

文:Brien Posey(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2009-08-11 08:00

#4: Windows XPを改良する手段となる

 筆者の意見に異を唱える人もいるだろうが、Windows XPは成熟したOSの域には達していないのである。Windows XPは2001年にリリースされた後、どんどん時代遅れになってきている。しかし、XPモードを用いて近代的なOS内でWindows XPを実行することで、ハードウェアのサポートやセキュリティといった面の改善が可能になるのだ。Windows XPそのものに変更はないものの、XPモード自体がホストOSに依存しているため、こういった利点を享受できるようになるわけである。

#5:Windows XPに対する長期的な技術サポートが保証されることになる

 MicrosoftがWindows XPのサポートを継続するかどうかについて、かなり前から疑問の声が上がっていた。Microsoftがメインストリームの技術に対するサポートを打ち切ろうとする度に、顧客は圧力をかけ、それを受け入れるかたちでサポート期間が延長されてきた。同社が顧客からの要望に耳を傾けてきたのは素晴らしいことであるものの、それがいつまで続くのかは明らかにされていない。Windows 7でXPモードが利用可能になることで、Windows XPへのサポートが今後何年も継続されるということが保証されるはずである。

#6:MicrosoftがXPの重要性を公式に認めたことになる

 Microsoftはここ数年、顧客に対してWindows Vistaへの移行を呼びかけてきているが、ほとんどの企業顧客はWindows XPを使用し続けることを選択している。しかしMicrosoftは、Windows 7でXPモードを利用可能にすることで、顧客サイドにおけるWindows XPの重要性をようやく認めたのである。そして、10年近くXPを使用してきたXPの熱烈な支持者に対して、同OSを手放すことなくOSをアップグレードできる道を開いたのである。

#7:シームレスな統合が可能である

 XPモードで筆者が気に入っている点の1つは、それが完全にシームレスになっているというところである。もちろん、Windows XPを稼働させた本格的な仮想マシン環境内で作業を行うこともできるものの、そうする必要はないのである。実際のところ、Windows XPの仮想マシンを閉じた場合であっても、Windows 7のスタートメニューからWindows XPのアプリケーションに直接アクセスし、Windows 7上に直接インストールされているアプリケーションと同時にシームレスなかたちで実行させることも可能なのである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]