企業の意思決定に必要なのは「見える化」だけだと思っていないか? - (page 2)

梅田正隆(ロビンソン)

2009-08-21 17:09

「需要予測ソリューション」を活用するALSOK

 ご存じの方もおられるだろうが、製造業ではない綜合警備保障が、SASの需要予測ソリューションである「SAS Demand-Driven Forecasting」を、コンビニATMの現金管理業務に活用している。その考え方はなかなか面白い。

 同社は、金融機関の委託を受けて、コンビニATMへの現金の装填、回収、精査や、障害発生時の対応、機械警備を行っている。ATMに万券、千券を正しく配置する行為は、コンビニの棚に正しく商品を配置するのと同じであり、現金管理業務も実はサプライチェーンであると考えたのだ。

 前出の宮田氏は「1アイテムが1万円だとすると、かなり高額な在庫と言える。100億円を調達するとして、10%が在庫だとすれば10億円。経営インパクトはかなり大きい」と話す。

 過剰な資金の準備や、過剰な現金の回収と補填は、運用コストに大きく影響する。特に日本銀行からキャッシュを調達する際に金利がかかるため、現金在庫量と欠品の双方を最小化したい。従って、必要資金量の予測が極めて重要になるわけだ。そこで同社では、サプライチェーンの考え方を用いて需要予測を行い、資金運用計画を最適化しているのである。

実ビジネスに利用され始めた分析と最適化

 横浜銀行やふくおかフィナンシャルグループでは、ワン・トゥー・ワンマーケティングに「SAS Event Based Marketing」というソリューションを活用している。金融機関は精緻な顧客情報とトランザクション情報を持っており、これらのデータを組み合わせることによって、極めて高度なマーケティング活動を展開できる。

 例えば、ある顧客の口座に退職金と思われる入金があった場合、国債などの資産運用を提案する、といったことをシステマチックに行いたい。トランザクションをイベントとして捉え、そのイベントをトリガーとして最適なアクションをとる。これが一般的なEvent Based Marketingの考え方であり、従来の金融機関のシステムでは実現できていなかったことだ。

 顧客管理・マーケティング分析ソリューションに含まれる「SAS Marketing Optimization」を利用すると、複数のキャンペーン実施において、チャネルキャパシティや予算などの制約条件、コンタクトポリシー等をふまえながら、実施するキャンペーン全体の期待収益を最大化する、最適な顧客とチャネルとキャンペーンの割り当てを導出することができるという。

いかにキャンペーン全体の期待収益を最大化するかのモデル例 いかにキャンペーン全体の期待収益を最大化するかのモデル例(画像クリックで拡大表示)

 制約条件を様々に変化させて、期待収益や実施コストにどのような影響があるのかをシミュレーションしながら最適化できるという。宮田氏は「流通小売業向けに価格の最適化を支援するソリューションもある。実業務に最適化を使っていただいているケースが増えている」と話す。

 データ分析と聞くと「プログラミングが難しそうだ」「使いこなせそうにない」と敬遠される方も多いのではないだろうか。しかし、2004年にSASのプラットフォームが「SAS 9」になってからは、「Enterprise Guide」というツールを用いて、ほとんどの分析をGUIで行えるようになった。現在では「99.9%ノンプログラミングで分析できる」という。難しいSAS言語を覚える必要はなく、分析手法さえ理解すればよいのだから、ずいぶんハードルは低くなった。もはやSASのツールは、現場で使える「高度な分析機能を持った業務アプリケーション」に変わった、と言ってもいいかもしれない。

 この特集「不況を生き抜く戦略立案の基礎」では、全12回にわたって、「戦略とは何か」という基本的なことから、その立案と実行を支援するITツールの実際までを見てきた。自社に適した、運用しやすいツールを活用して、正しい戦略を立案し、確かな成果の獲得につなげていただくことを願っている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
SAS Institute Japan
経営

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]