編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

「Windows Mobile 7」の開発に遅れ、その原因は何か?

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-08-25 18:00

 先週、Microsoftは携帯電話メーカー向けの「Windows Mobile」をこの1年の間に2バージョン体制にするというニュースがDigitimesから発表された。この記事は多くの業界観測筋の注目を集めたが、そのおかげで本物のニュースはないがしろにされてしまった。Digitimesが8月19日付で掲載したニュース記事が正しいのであれば、「Windows Mobile 7」の開発作業は予定よりも約半年遅れているということになるのだ。

 もちろん、MicrosoftはWindows Mobile 7の出荷予定日を公式には述べていない。目標の出荷予定日がなければ遅れているとはいえない。確かにその通りだ。

 だが、それは間違いだ。Microsoftは非公式ではあるが、今年の秋にはWindows Mobile 7を携帯電話メーカーに出荷すると述べていたのだ--つまり、Windows Mobile 7は2010年春には店頭に並ぶということになる。私自身、これらの時期を明示したロードマップを見たことがあるし、UX EvengelistブログのStephen Chapman氏が2009年4月にMicrosoftのものというスライドを暴露しているが、やはりこのスライドにも同じような時期が掲載されている。Chapman氏がそのスライドを提供してくれたので、以下に貼り付ける。


 Digitimesは、「Microsoftは現在、2010年末にWindows Mobile 7を搭載した携帯電話を投入できるようコードを提供する計画だ」とする台湾の携帯電話メーカーの意見を紹介している。この場合、埋め合わせ的位置づけの「Windows Mobile 6.5」から1年以上経過することになる。

 これが本当だとすれば、Microsoftの代表者が7月末に述べたコメントと矛盾することになる。Microsoftは当時、「Windows Mobileチームは、予定に間に合うようにやっと作業を開始した」と述べていた。Microsoft Financial Analyst Meetingにて、エンターテインメント・端末部門担当プレジデントのRobbie Bach氏にもらった正確なコメントは以下の通りだ。

 Windows Mobile 6.5は、当初の出荷予定日の4日以内にハードウェアメーカー向けに出荷された。これは、どの市場でもすばらしい業績といえるが、中でも電話が関係する市場はリリースプロセスが非常に複雑であり、われわれは自分たちの業績を誇りに思っている。将来われわれが前進するにあたり、回復と回復を実行するペースはさらに改善すると信じている。

 Windows Mobileデュアルプラットフォーム戦略--ここでMicrosoftは、キャパシティブタッチ画面をサポートしたWindows Mobileの新しいバージョンを2010年前半に公開することに向けて準備を進めている、といわれている--は、特に驚きに値しないと思う。Microsoftの幹部は1カ月ほど前に、Windows Mobileチームは、Windows Mobile 6.5の一部として出荷されるタッチ機能以外のタッチ画面サポートを追加する方法を模索していることを匂わせていたからだ。キャパシティブタッチ画面を搭載する携帯電話向けに最適化した「Windows Mobile 6.5B」が出てきても、驚きではない。

 Microsoft側は、Windows Mobile 7について堅く口を閉ざしているので、Digitimesの記事についてコメントを得ることはできなかった。2010年春というのは、開発が遅れているWindows Mobile 7の出荷時期としては早すぎる気がするが、2010年末にプラットフォームの設計が完了となった場合、「iPhone」などの競合を考えると、Windows Mobile事業は深刻な問題に包囲されることになりそうだ。

 Windows Mobile 7は今後どうなるのだろうか?Microsoftの戦略は実のところどうなのか?

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]