編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

クラウド時代にオラクルが提供できるもの--Oracle Database Summit 2009にて - (page 2)

藤本京子(編集部)

2009-08-25 21:46

ストレージコストの削減にも貢献

 クラウド時代に求められることはほかにもある。それはストレージのコスト削減だ。企業合併でストレージの量がいきなり倍増することや、コンプライアンス準拠のためにデータの長期間保管が求められるなど、ストレージが必要な状況は増える一方だからだ。

 この課題に対するオラクルの答えとして三澤氏は、「Automatic Storage Management(ASM)」「Oracle Advanced Compression」「Information Lifecycle Management(情報ライフサイクル管理、ILM)」の3つを挙げた。

 ASMとは、Oracle Databaseの機能として無償で提供されているストレージ管理ツールだ。ディスクグループを定義するだけで物理構造を最適化し、自動的に行われるミラーリングやストライピングでデータベースのパフォーマンスを最適化する。ディスク追加時にもデータのアンロードや統計再取得は不要で、アプリケーションを停止させることなく約30分でディスクが追加可能だという。

 Oracle Advanced Compressionは、データを圧縮してデータ量を削減する技術。構造化データはもちろん、文書や画像などの非構造化データも含めすべてのデータを圧縮可能で、平均的な圧縮率は2倍から4倍となる。

 ILMは、多くのハードウェアベンダーも提唱しているが、「データベースのILMはデータベースで実現すべき」と三澤氏。同氏はデータベースILMを導入した米国株式市場のNASDAQを例に挙げ、アクセス頻度に基づいて適切なストレージ層にデータを移行するOracle Partitioningを活用し、11システムあったストレージを3階層のストレージに統合した事例を説明した。

 このケースでは、「データ圧縮技術も組み合わせて約85%のコスト削減が実現した」と三澤氏。「オラクルは単なるデータベースを提供するだけでなく、データベースインフラストラクチャを一括して提供するベンダーなのだ」と三澤氏はアピールした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]