2009年第2四半期、ネットブックの出荷台数に大きな伸び--米調査

文:Lance Whitney(Specital to CNET News) 翻訳校正:佐藤卓、小林理子 2009年09月01日 12時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2009年第2四半期のネットブック出荷台数が世界全体で3800万台を超え、ノートPC市場全体の22.2%を占めたことが、米国時間8月31日に発表された調査会社DisplaySearchのレポート「Quarterly Notebook PC Shipment and Forecast Report」で明らかになった。

 ネットブック、つまりミニノートPCに対する需要は、前年四半期と比べて40%増と跳ね上がっている。同じ期間にノートPCの出荷台数が22%の伸びであったことを考えると、これは大幅な上昇だ。

 かつてネットブックの先駆的企業であったASUSTeK Computerは、他のメーカーに売り上げを奪われていると、このレポートは述べている。今や、Acer、Hewlett-Packard(HP)、Dell、Lenovo、東芝が自社製品を抱えてネットブック市場に乗り込んでいる状況だ。

 ラテンアメリカや中国では、ネットブックの価格の安さがノートPC市場におけるネットブックのシェア拡大に貢献しているとDisplaySearchは分析している。これらの地域にはPCを初めて購入する人たちが大勢いるが、彼らはたくさんの付加機能のあるノートPCを避け、シンプルだが低価格のネットブックを支持している。

 ネットブックのメーカーは、消費者を呼び寄せるためにネットブックの購入代金を肩代わりしている通信事業者にも感謝すべきかもしれない。多くの西欧諸国では、2年契約のデータ通信プランに加入することを条件に、通信事業者がネットブックの代金を100%援助していると、DisplaySearchは報告している。また、ケーブルテレビ事業者もこの動きに加わり、自社が提供するケーブルテレビ、インターネット、電話などのサービスに加入した人たちに対して、ネットブックを大幅な割引価格で提供している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算