「Office 2010」について、マイクロソフトが公開していること、していないこと

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子 2009年09月02日 13時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Office 2010」と思われるビルドが新たにリークしたようだ(現時点では、まだウェブでは手に入らない)。Microsoftは7月、一部顧客にコミュニティテクノロジープレビュー(CTP)をリリースしたが、これよりも最新のものとなる。

 Wzorでは、最新のビルドを“Beta 1(Build 14.0.4417.1000)”と分類している。Office 2010のビルトイン・ドキュメント管理プラットフォーム「Backstage」などの機能が更新されているし、Microsoftの幹部が先日公式に認めた新しいボリュームライセンスアクティベーション機能も含まれている。このほか、ウェブ版「Office Web Applications」と関係した機能と思われる“Upload Center”もあるようだ。Office Web Appsは、今年の秋にテスター向け公開が予定されている。

 Microsoftの代表者は、リークしたビルドについてのコメントを控えた。今年秋に公開を予定しているOffice 2010のパブリックベータ1の一部かどうか聞いてみたところ、同社の代表者は以下のように回答した。

 Microsoftは7月、Office 2010のテクニカルプレビュー版を公式リリースしており、年内にパブリックベータをリリースするのに向けて作業を進めているところだ。テクニカルプレビュー版の公開後、MicrosoftはこれまでOffice 2010のコードをリリースしていない。われわれは顧客に、Microsoftのチャンネルを経由して公式に公開した製品をダウンロードしたり利用することを強く推奨している。公式ではない製品には、悪意あるコードが含まれている可能性もある。

 Office 2010はかなり完成に近づいているようだが、Microsoftはリリースに関する情報の公開を極力控えている。Microsoftの幹部は先日、パートナー各社に対し、(リリース時期は)2010年5月/6月と示唆している。

 しかし、Officeチームが喜んで情報を公開しようとしているものもある。その1つが、製品のユーザーインターフェイスの変更だ。

 Microsoftの代表者がすでに述べているように、Office 2010では全アプリケーションで「Ribbon」インターフェイスが導入されることになる。Officeユーザーエクスペリエンスチーム担当シニアプログラムマネージャ、Aaron Butcher氏によると、Office 2010、「OneNote」「Publisher」「Visio」、それに「Outlook」がすべてRibbonになるという。Ribbonは各アプリケーション毎に若干異なる動作をするので、Ribbonの追加はかなり複雑な作業となる(Butcher氏のユーザーエクスペリエンスチームは、約70人のテスター、デザイナー、プログラマー、ユーザビリティ開発者で構成されるチームだ)。

 Butcher氏は先日、電話インタビューに応じて、「Officeを習得できれば業務を改善できる、と聞いている。われわれはユーザーの時間を削減し、ユーザーにパワーを与えるなどの支援をしていきたいと思っている」と述べた。

 Microsoft側はRibbonの成功を示す遠隔測定的なデータを強調しているが、Ribbonを好まないという顧客や潜在顧客は多い。Butcher氏はRibbonを崩し、容量を浪費しないようにする方法にも触れた(Ribbonを回避するのに一番近いのは「メニューモード」にすることだという)。さらに、Office 2010ではユーザーが独自のコマンドセットを構築できる機能も提供されるという。ユーザーはすべてのラベルを隠すこともできるし、Ribbonを利用するコマンドを増やすことも可能となる。

 Microsoftが将来、Ribbonを廃止するのではないか、あるいはクラシックバージョンをオプション提供するのではないかと期待しているユーザーもいるだろうが、Butcher氏によるとそのような計画はないという。

 「われわれは、Ribbonが実現する変化にコミットしている。Microsoftは2つのモデル(Ribbonとクラシックモード)をサポートするつもりはないし、クラシックモードを提供した場合、Office周りで機能を開発している開発者に悪い影響が出る」とButcher氏は述べている。

 ユーザーエクスペリエンスチームが担当しているUIは、Ribbonだけではない。前述したBackstageも同チームが担当している。Butcher氏によると、RibbonはBackstageにも適用されるとのことだ。Backstageに関連して、Officeの印刷機能もOffice 2010で一新されるとButcher氏は教えてくれた。

 ユーザーエクスペリエンスチームはまた、Office 2010で強化されるツールチップとギャラリーにも関わっている。ツールチップは、マウスを重ねると特定の機能の使い方や説明文が表示される機能で、ギャラリーは「基本的なダイアログとコマンドで構成されるミニスクリプト」とButcher氏は説明する。

 Office 2010について、現時点でこのほかに知りたいことといえば、Office Web Appsのリリース時期だろう。これ以外に何かあるだろうか?

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算