編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

MS、タイムゾーン変更に対するアップデートの提供期間を延長

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:編集部

2009-09-03 12:38

 Microsoftは米国時間9月2日、より多くのタイムゾーンおよび夏時間に対するアップデートを追加料金なしで顧客に提供できるように、サポートポリシーを変更すると述べた。

 Microsoftはこれまで、製品がメインストリームサポート(通常、製品リリースから5年間)期間内にある間は、無料でこれらのアップデートを提供していた。しかし、「延長サポート」(通常は、メインストリームサポート終了後の5年間)期間中にアップデートを希望する顧客に対しては、有料のホットフィックスサポートプログラムに登録して、アップデートを入手することを求めていた。このアップデートによって、コンピュータの時計とカレンダーは、タイムゾーンに変更があっても、最新の状態に保たれるようになる。

 新プランの下では、2010年1月1日以降に延長サポート期間に入った製品は、1年に2回(北半球の秋と冬)、夏時間とタイムゾーンのアップデートを無料で得られるようになる。この無料アップデートは、MicrosoftのウェブサイトとWindows Updateを通して提供される。

 Microsoftによると、これらの一般的な時間分布以外のタイムゾーンに対するアップデートを必要とする顧客は、新プラン開始後も有料のホットフィックスプログラムに登録する必要があるという。

 Microsoftによれば、同社は顧客からの要望に基づいて、今回の変更を実施しているという。夏時間に切り替わる日が各政府により調整されるため、近年、夏時間への移行は企業にとって厄介な問題になっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]