編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

ソフトウェア・エー・ジー、中堅企業向けにBPM製品を通常の10分の1の価格で提供

藤本京子(編集部)

2009-09-03 19:09

 ソフトウェア・エー・ジーは9月3日、中堅企業を対象としたビジネスプロセス管理(BPM)製品「webMethods BPMSクイックパック」に関する説明会を開催した。

香山氏 ソフトウェア・エー・ジー ウェブメソッド バイスプレジデント 香山瑞穂氏

 BPMSクイックパックは、同社が提供するビジネスプロセス統合プラットフォーム「webMethodsスイート」をベースとし、日本の中堅企業に向けて独自にパッケージ化したものだ。「BPMSスイート製品をもっと手軽に、安価に導入したいという要望に応え、低価格体系のパッケージを用意した」と、ソフトウェア・エー・ジー ウェブメソッド バイスプレジデントの香山瑞穂氏は説明する。

 BPMSクイックパックに含まれるコンポーネントは、ESB(エンタープライズサービスバス)の設計用ツール「Developer」や、BPMのプロセス設計ツール「Designer」、BPMのランタイム用エンジン「Process Engine」、BPMランタイム用タスク管理エンジン「Task Engine」、ポータルおよび画面作成ツール「My webMethods Server」、BAM(ビジネスアクティビティモニタリング)機能の「Optimize for Process」、プロセスのシミュレーションができる「Simulation」、ESB、ポータルおよびBPM用サーバ「Integration Server」、メッセージング機能の「Broker」、ビジネスルールエンジンの「Blaze Rules Engine」となっている。通常のスイート製品と構成は同じだが、クイックパックのライセンスはデュアルコアCPU 1つおよび10 BPMSユーザーに制限される。

 現在このパッケージは、販売パートナーであるキヤノンソフトウェアより提供されている。キヤノンソフトウェアでは、BPMSクイックパックを1200万円(税別)で提供しているが、今後ほかのパートナーから販売される場合は、「パートナーによって得意分野が異なるため若干の金額差は出るだろう」(ソフトウェア・エー・ジー マーケティングディレクター 伊王野敦子氏)としている。なお、大企業向けのスイート製品でBPMSクイックパックの機能をすべて利用した場合、価格はクイックパックの約10倍になるという。

 BPMSクイックパックの対象となるユーザーは、売上高1000億円以下で従業員数1000人以下、東証一部および二部に非上場の企業。大企業の関連会社や子会社でも利用可能だ。

 ソフトウェア・エー・ジーでは、パートナー向けのサポートプログラムやプロトタイプ構築支援なども用意しており、まずはパートナーを10社まで増やしたい考え。香山氏は、「初年度はパートナー10社を通じ、年間で10億円の販売を目指したい」としている。

Designer Designerの機能を使ってプロセスが設計できる

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]