グーグル、「Android Market」のアップデート内容を明らかに--新サブカテゴリなどを追加

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部

2009-09-07 11:17

 Googleの「Android Market」が刷新される。

 GoogleのEric Chu氏は米国時間9月3日、間もなく登場するAndroid向けアプリケーションストアの次期バージョン1.6において、いくつかの新機能が追加されることをAndroid Developersブログで明らかにした。

 開発者は、スクリーンショット、アイコン、解説などを提供することで、自作アプリケーションをより効果的にプロモーションやアピールできるようになる。

 Chu氏によれば、「スポーツ」「健康」「テーマ」「コミック」という4つの新しいアプリケーションサブカテゴリが追加されるという。開発者は、新作と既存のアプリケーションの両方について、これらのサブカテゴリに分類することが可能だ。

 Chu氏はその理由を明らかにしなかったが、イタリアのAndroidアプリケーション開発者は、特別な配慮を受けている。イタリアの開発者は、パブリッシャーのサイトを呼び出して、自作アプリケーションをアップロードし、現在顧客が有料アプリケーションを購入可能なすべての国の中から、特定の国をターゲットにすることができるようになる。

 Chu氏がブログとともに発表した動画では、更新されたインターフェースに(うわさ通り)「Top Paid」「Top Free」「Just In」などの新しいボタンが追加されていることや、画面の右上に検索ボタンが配置されていることが分かる。

 Googleは、Appleの「iTunes Store」に相当するAndroid版のアプリケーションストアとして、1年前にAndroid Marketを公開した。それ以来、Googleは同ストアで自作アプリケーションを発表する開発者を引きつける努力をしている。開始当初は、無料のアプリケーションのみが公開されていた。しかし、Googleは1月、より多くの開発者に参加してもらうため、Android Marketで有料ソフトウェアを販売できるようにした。

 そのほかにも、優れたアプリケーションを開発したプログラマーに賞を贈る年次の「Android Developer Challenge」を設けるなど、Googleは開発者を引きつけるためのさまざまな方策を実施している。

 しかし、AdMobが先日発表した調査結果によると、Android搭載携帯電話の所有者のうち、アプリケーションを購入したことのある人は半分に満たないという。購入しない人はその理由として、魅力的なアプリケーションが少ないことや、支払い方法が限られていることなどを挙げている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]