編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

日本オラクル、ウェブコラボレーション基盤の新版「Oracle WebCenter 11g」発売

ZDNet Japan Staff

2009-09-07 21:17

 日本オラクルは9月7日、ウェブコラボレーション基盤の新バージョンとなる「Oracle WebCenter 11g」を発表した。提供開始は9月8日より。

 オラクルでは、データベースと業務アプリケーションを除いた、広範な製品群を「Fusion Middleware」のブランドで展開しているが、WebCenterは「エンタープライズマッシュアップ」を標ぼうする、コラボレーションおよびコミュニケーション(ユーザーインタラクション)をつかさどる製品となる。

 エンタープライズでの利用に必要とされるセキュリティをFusion MiddlewareのID管理スキームで確保しつつ、コンテンツ管理機能、Wikiやブログといったソーシャルアプリケーション機能、コンポジットアプリケーション機能、検索機能(Oracle Secure Enterprise Searchなどの検索サーバ製品と連携)といった機能を、ウェブブラウザからアクセス可能なワークスペース上で統合し、生産性の向上に寄与するという。

Oracle WebCenter 11g 企業内コラボレーションに必要な機能を、コンポーネントとして埋め込み、生産性の高いワークスペースを構築できる「Oracle WebCenter 11g」。ちなみに、デモに使われたブラウザは「Google Chrome」だった。

 WebCenter 11gでは、「Spaces」「Services」「Composer」「Framework」と呼ばれる4つのコンポーネントを組み合わせて、ワークスペースの構築を行う。「Spaces」は、企業内個人やグループで利用するワークスペースを構成する機能。将来的に、ユーザー間のつながりやアクティビティの可視化機能などもSpacesの一部として提供される予定としている。

 「Services」は、WebCenter上で利用できる100種類以上のコンポーネントやポートレット群を指す。メール機能、メッセンジャー機能といった基本的なコミュニケーションツールに加え、コンテンツへのタグ付け機能(タグクラウド)、リンキング機能、ブログ、Wikiといった、Web 2.0的なツールも標準で提供される。「Composer」は、ユーザーごとのパーソナライゼーションや、エンタープライズ・マッシュアップ機能を提供するモジュール。ユーザーが各自で、アプリケーションやビジネスディレクトリなどのコンテンツを自身のワークスペースに容易に取り込むことができる。

 最後の「Framework」は、アプリケーション統合を行うための開発運用基盤である。このモジュールにより、一般的な業務システムのデータや業務フロー、ビジネスプロセスを、ワークスペース上のコンテンツと統合できる。一例として示されたデモでは、東洋ビジネスエンジニアリングの受注管理システム「MCFrame」、ウイングアークテクノロジーズの帳票プラットフォーム「SVF」、インフォファームの見積・与信管理システム「InfoFarm戦略箱」の各パッケージ製品をWebCenter上で連携させ、購買申請から、購買処理、実施分析、予実分析、購買承認の順にプロセスフローを行う様子を実演した。

安藤秀樹氏 日本オラクル、Fusion Middlewareビジネス推進本部本部長の安藤秀樹氏

 日本オラクル、Fusion Middlewareビジネス推進本部本部長の安藤秀樹氏は、「単に情報を集約して提示するだけの(旧来の企業情報ポータルのような)システムに投資的な価値はない」とし、セキュアな情報管理の枠組みの中で、コミュニティ機能、ソーシャルアプリケーション、業務アプリケーションを統合可能なWebCenter 11gの優位性を強調し、「(WebCenter 11gは)ポータルの再定義を行うものだ」とした。

 Oracle WebCenter Suite 11gの価格は、プロセッサライセンスの場合、1426万6350円/1プロセッサ。製品利用の権利を持つ指名ユーザー数に応じて価格が決まる「Named User Plus」ライセンスの場合、28万5285円より。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]