編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

東芝ソリューション、製造向けERP事業強化--JD Edwards EnterpriseOne販売

ZDNet Japan Staff

2009-09-08 12:50

 東芝ソリューションは9月8日、日本オラクルの「JD Edwards EnterpriseOne」を販売ラインナップに加え、製造業向けERP事業を拡大すると発表した。

 同社では、製造業がグローバル対応とグループ経営力の強化を目的として基幹系システムを統合集約し、生産、販売、会計に関わる情報の可視化を求める動きが増えていると認識。この領域で日本オラクルのJD Edwards EnterpriseOneを提供することで、顧客の課題解決に向けたソリューションを提案していきたい考えだ。

 また、東芝ソリューション独自の付加価値も提供する。具体的には、東芝グループでの経験とノウハウを元に、製造業で標準的なモデルをテンプレート化した「東芝ソリューションテンプレート」を提供する。同テンプレートには、グローバル会計テンプレートと受注組立型(ATO)製造テンプレートを用意するほか、同社が独自開発したアドオン機能も順次商品化する。

 導入にあたっては、東芝情報システム、イー・ビー・ソリューションズ、東芝ソリューションのプラットフォームソリューション事業部および製造ソリューション事業部が連携。ERPシステムの計画から導入、運用、定着までを支援する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]