編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

マイクロソフト、「Windows 7」など新製品の拡販に向けたパートナー支援策を発表

大河原克行

2009-09-08 20:46

 マイクロソフトは9月8日、東京都内にて全国のビジネスパートナー企業を対象としたパートナー総会「マイクロソフト パートナーコンファレンス 2009(JPC 2009)」を開催した。

樋口氏マイクロソフト 代表執行役社長 樋口泰行氏

 午前10時から行われたキーノートセッションでは、マイクロソフト 代表執行役社長である樋口泰行氏が、7月から始まった同社2010年度の経営方針について説明、「2010年度は史上最大規模の新製品群が投入される。社内では2010年度を飛躍の年としているが、これはパートナー各社とも共有したいキーワード」とした。また、「パートナーとの連携強化は最優先する事項でもあり、それに向けてマイクロソフトは、パートナーから信頼される体質へと進化してきたと考えている。不況の底打ち感はあるが、顧客のストライクゾーンはまだ小さい。ストライクゾーンに響く提案をしていかなくてはならない。ソフトウェア+サービスというハイブリッドの提案ができるところに、マイクロソフトの強みがある」と述べた。

 樋口氏は、今年度におけるパートナーとの協業による5つのコミットメントとして、「史上最大規模の新製品群の投入」、「大規模なプロモーションの展開とITソリューションシナリオの紹介」、「市場競争力の高い、高付加価値なビジネス機会の提供」、「パートナー支援、協業施策のさらなる充実」、「商機を逃さないテクノロジー対応支援策の強化」をあげた。

佐藤氏マイクロソフト セントラルマーケティング本部 業務執行役員 本部長の佐藤哲也氏

 また、マイクロソフト セントラルマーケティング本部 業務執行役員 本部長の佐藤哲也氏は、「The Big Waves」と題して、2010年度のマーケティング施策について説明。これまで同社が進めてきた「People ready business〜社員力を、経営力に。」と、経済危機を乗り切るための緊急ITソリューションとして提言した「Save Money」キャンペーンとを統合した新たなキャンペーンとして、「社員にチカラを、ITで企業力を〜Because IT's everybody's business」を開始したことについて触れ、「社員のチカラに、最適化されたITを融合することで、厳しい時代に打ち勝つ企業基盤の構築を提案する」とした。

 さらに、マイクロソフトが提供する効率と効果を両立させるIT基盤の新方程式として、「デスクトップ最適化」+「サーバ最適化」+「統合コミュニケーション」を掲げている。これは、セキュリティとリスク管理、統合管理を実現する「Windows 7」による「デスクトップ最適化」と、仮想化、システム管理、製品連携を実現する「Windows Server 2008 R2」による「サーバ最適化」、柔軟性と信頼性、コンプライアンスを実現する「Exchange Server 2010」による「統合コミュニケーション」をそれぞれ組み合わせることで、コスト削減とビジネス成長という相反するビジネス課題を解決できるというものだ。佐藤氏は、「これらの新製品群によって、史上最大のウェーブを起こせると考えている」とした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]