メールサーバ「Cyrus IMAPサーバ」にバッファオーバーフローの脆弱性

吉澤亨史

2009-09-14 12:08

 独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月10日、メールサーバ「Cyrus IMAPサーバ」にバッファオーバーフローの脆弱性が存在すると公表した。

 Cyrus IMAPサーバは、電子メールフィルタリングのためのプログラミング言語である「SIEVE」をサポートしており、細工されたSIEVEスクリプトを処理することでバッファオーバーフローを引き起こされる恐れがある。

 脆弱性が存在するのは、Cyrus IMAPのバージョン2.2から2.3.14まで。この問題が悪用されると、メールサーバにログイン可能な遠隔の攻撃者に権限を昇格されるほか、任意のコードの実行や他のユーザーのメールの閲覧、不正なメールの送信などをされる可能性がある。

 開発元のProject Cyrusが配布する最新版にアップデートするよう呼びかけており、対策版を適用するまでの間はSIEVEを無効にすることで脆弱性の影響を軽減できるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]