編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

セールスフォースCEO、「リアルタイムクラウド」を語る--Cloudforce Japanにて - (page 2)

藤本京子(編集部)

2009-09-15 17:13

 Service Cloudは、「従来のコンタクトセンターは変革が必要」(Benioff氏)として同社が推進するアプリケーションだ。従来のコンタクトセンターは、ユーザーからの問い合わせを待っている受け身の体勢だが、ユーザーが製品について疑問を抱いたとき実際に利用しているのは、検索やディスカッショングループ、さらにはTwitter、Facebookなどでのつぶやきや情報交換などさまざまだ。Benioff氏は、「問い合わせを待っているだけの企業とユーザーの橋渡しをするのがService Cloudだ」と説明する。

 Service Cloudは、Salesforce.comが2008年8月に買収したInStranetのナレッジマネジメント技術をベースにし、クラウド化したものだ。ウェブ上に存在するさまざまなリアルタイムデータを収集し、そのデータをコンタクトセンターにて活用できるようになっている。2009年1月に発表された同サービスはすでに8000社を超える企業が導入しているという。

 米国では9月9日にService Cloudの第2弾となる「Service Cloud 2」が発表され「Salesforce for Twitter」などの機能が追加された。Salesforce for Twitterでは、数あるTwitterのつぶやきの中から自社製品や自社ブランドに関するつぶやきを探し出し、それに対する答えをナレッジマネジメント機能で集めた適切な回答集から選んでつぶやき返すことも可能だ。

 講演の中でBenioff氏は、「日本にデータセンターを設置する計画もある」と述べ、日本市場に対する積極的な姿勢を見せた。また、日本法人の代表取締役社長 宇陀栄次氏のメールアドレスを会場で公開し、「いつでも彼にメールして、六本木のオフィスにサービスを実際に見に来てほしい」と述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]