編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

セールスフォース、無償で使える「Force.com Free Edition」提供

冨田秀継(編集部)

2009-09-15 18:30

 セールスフォース・ドットコムは9月15日、「Force.com Free Edition」の国内提供を発表した。9月1日より提供しており、最大100ユーザーまでが無償で利用できる。

 Force.com Free Editionは、クラウド基盤のForce.com上で提供されるサービス。Force.comはいわゆる「IaaS」(Infrastructure as a Service:サービスとしてのインフラ)で、ユーザーは自前のインフラやソフトウェアを持つことなく、Salesforce.comのインフラ上に業務アプリケーションを構築できる。

 今回発表されたForce.com Free Editionでは、Force.comで提供されている機能を提供。加えて、サンドボックス開発環境やサンプルアプリケーションのライブラリも提供される。

ミクシィ 代表取締役社長 笠原健治氏(左)と、Salesforce.comのMarc Benioff氏

 制限としては、アプリケーションやウェブサイトが1つまで、カスタムアプリケーションが1つまで、ウェブサイトへのアクセスが月25万PVまで、カスタムオブジェクト(カスタム・データベーステーブル)が1ユーザーあたり10個までなど。

 同日に開催されたセールスフォース・ドットコム主催のイベント「Cloudforce Japan」では、Salesforce.com 会長 兼 CEOのMarc Benioff氏が基調講演に登壇。mixiアプリとSalesforce.comを連携させる企業向けサービスを発表している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]