編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

XOOPS用モジュール「XF-Section」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性

吉澤亨史

2009-09-18 11:41

 独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月16日、はっぴぃ・りなっくすが提供するXOOPS用モジュール「XF-Section」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在すると公表で発表した。

 XF-Sectionは、コンテンツのカテゴリ分けなどに利用されるモジュール。対象となるのは、XF-Sectionの1.12a以前のバージョン。この脆弱性を悪用されると、ユーザーのブラウザ上で任意のスクリプトを実行される可能性がある。

 ただし、XF-Sectionはすでに開発を終了しているため、JPCERT/CCではXF-Sectionの使用を停止し、同等の機能が実装された他製品に切り替えるよう勧めている。なお、JPCERT/CCではこの脆弱性の危険度について、攻撃経路、認証レベル、攻撃の難易度で「高」、攻撃成立に必要なユーザーの関与では「中」と分析している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]