ビジネスユーザーのための価値あるTwitterユーティリティ10選

文:Jason Hiner 翻訳校正:石橋啓一郎 2009年09月22日 08時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterが成長・成功した最大の理由の1つは、Twitterチームがサービス開始直後から、ユーザーにサービスの形を変えることを許していたことだ。これは、Twitterコミュニティが、リプライ、retweet、#ハッシュタグなどを作り出したことからもわかる。

 しかし、一番の要因は、Twitterが開発者にオープンなAPIを提供したことだ。これによって、Twitterを改良する異なるツールやユーティリティを作ることで、Twitterを多様な方向に拡張することが可能になった。

 2007年に、Twitterの共同設立者であるBiz Stone氏はReadWriteWebに対して、「疑いなく一番重要なのはこのAPIだったし、これはわれわれがTwitterに対して行ったことの中で、もっとも重要だったことかもしれない。これによって、サービスを非常に単純なものに保ちながら単純なAPIを作成することが可能になり、開発者はわれわれのインフラの上にものを作り、われわれのアイデアよりもよいアイデアを実現することができるようになった」と述べている。

 Twitterが最初にスタートしてから3年経った現在、このAPIを使って開発されたツールは何千何万という数になっており、その多くは非常に便利なものだ。この記事では、ビジネスユーザーに役に立つTwitterツールの私のベスト10をまとめた。

1.Bit.ly

 このURL短縮ツールは、リンクを約20文字に短縮するだけでなく、ユーザーが登録したリンクを記録し、何人がそのリンクをクリックし、何人がそのリンクをretweetし、それらのユーザーがどこから来たかという基本的な分析情報を提供してくれる。

2.Twitpic

 Twitter上で写真を共有するためのツールとして、もっとも人気があるのがTwitpicだ。Twitpicは携帯電話で写真を撮り、それを専用のTwitpic電子メールアドレスに送信するだけで使える。後は、tweetに電子メールの件名を入力すればいい(Flickr2Twitterについても参照して欲しい)。

3.Tweetscan

 Google Alertsを使ったことがあれば、Tweetscanのことは理解できるはずだ。これは、設定したキーワードでTwitterをスキャンし、そのキーワードが使われているすべての情報をまとめて、毎日あるいは1週間に1度メールで送ってくれる。これは、ブランドの追跡に非常に役立つ。ただし、このサービスは無料ではない。1年に20ドルかかる。

4.Twitterfeed

 Twitterはブログ記事やその他のコンテンツの宣伝をするのに適している。もしあなたがブログを持っており、新しい記事を投稿するごとに自動的にtweetを送りたければ、Twitterfeedを使えばいい。このツールにはいくつかの便利なカスタマイズのオプションもある。

5.TwInbox

 もしあなたが多くのビジネスプロフェッショナルと同じように、Microsoft Outlookの世界に住んでおり、Twitterでのやりとりをそこで行いたいのであれば、TwInboxを使えばTwitterをOutlookに統合してくれる。また、この製品は無料だ。このツールは、以前はOutTwitという名前だった。

6.CoTweet

 CoTweetはTwitterを真剣にビジネス利用している企業の、ビジネスワークフロー全体をサポートするものだ。CoTweetを使うと、複数のTwitterアカウントの管理、複数ユーザーによる単一アカウントへのアクセスが可能となり、フォローアップのtweetを従業員に割り当てる、キーワードや動向を監視する、リンクのクリック状況を追跡する、従業員が将来発表するtweetを予約するといったこともできるようになる。このツールは無料ではない(HootSuiteについても参照して欲しい)。

7.TweetStats

 このサイトは、個々のTwitterユーザーに関する統計情報を提供する。対象の人のTwitterユーザー名を入力するだけで、その人がどのくらい頻繁にtweetを書き込んでいるか、いつ書き込んでいるか、誰にリプライしているか、誰のretweetをしており、Twitterへの投稿にどのインターフェースを利用しているかといった、さまざまな統計情報を得ることができる(TwitterGraderも参照して欲しい)。

8.Twuffer

 この無料ツールを使うと、将来投稿するtweetを予約することができる。例えば、私はTwitterに今日の名言を投稿するのが好きなのだが、格言を調べていて、一度にいくつかのいい格言を見つけてしまうことも多い。こんな時、私はTwufferを使ってこれらの格言を何日かに分けて投稿する。

9.Twtpoll

 Twitterを使っていてもっとも便利なことの1つに、質問をクラウドソースしたり、簡単な世論調査を行ったりできるということがある。Twtpollは、簡単に公式な投票を行うことができるツールだ(StrawPollについても参照して欲しい)。

10.Twendz

 もし、あるキーワードがどう見られているかを長期間にわたって調べたければ、Twendsが簡単で役に立つグラフを提供してくれる。このグラフはリアルタイムに更新される(TwazzupTwistTwittercounterについても参照して欲しい)。

 Twitterのツールについてさらに知りたければ、次のページを調べてみるといいだろう。

 @JasonHinerが私のTwitterアカウントだ。技術についての考えを投稿している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化