レノボ、「ThinkCentre A」に新モデル追加--中小企業向けの省スペースPC

冨田秀継(編集部)

2009-09-25 23:18

 レノボ・ジャパンは9月25日、デスクトップPCの新製品「ThinkCentre A58e Eco Ultra Small」を発表した。モデル名の通り、省スペース性を高めたのが特徴。価格は、ダイレクト価格で4万9350円から6万9300円(モニタは別売)。SOHOおよび中小企業向けのモデルとして販売を開始している。

 「ThinkCentre A」シリーズの新製品となるThinkCentre A58e Eco Ultra Smallは、CPUをIntel Core 2 Duo E7400、Intel Pentium Dual Core E5200、Intel Celeron 450の3種類から選択可能。チップセットとしてIntel G31 Expressを採用し、メモリはDDR2メモリを最大4GBまで搭載できる。

 そのほか、最大250GBのハードディスク、標準で6ポートのUSB 2.0ポートが提供される。外形寸法は、幅286mm、奥行235.5mm、高さ82.5mm。初期導入済みOSはWindows XP Professional SP3(Windows Vista Business SP1ダウングレード)。

ThinkCentre A58e Eco Ultra Small(画像提供:レノボ・ジャパン) ThinkCentre A58e Eco Ultra Small(画像提供:レノボ・ジャパン)

 また、同モデルではThinkVantageの電源管理ソフトウェア「Power Manager」も提供される。これにより、管理者はPower Manager搭載PCとモニタの電源設定を管理可能になる。レノボ・ジャパンでは、決まったスケジュールでPCをシャットダウンするなどのPower Managerの機能に加え、低電力CPUの採用によって、ITコストを削減することが可能なモデルとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]