編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

ISID、IFRS対応コンサルティングを提供--連結会計パッケージ「STRAVIS」行程表提示

田中好伸(編集部)

2009-09-28 20:19

 電通国際情報サービス(ISID)は9月28日、国際会計基準(IFRS)対応コンサルティングの提供を開始したことを発表した。あわせて、自社開発の連結会計パッケージ「STRAVIS」のIFRS対応ロードマップを発表した。

 提供が開始となったIFRS対応コンサルティングは、同社のグループ経営ソリューション分野での実績とノウハウを活用。コンサルタントがシステム構築を前提とした実効性の高いアウトプットを提供するとしている。具体的には、ユーザー企業のIFRS適用影響度を現状調査に基づいて把握、IFRS対応プロジェクトの全体計画を作成する。ユーザー企業の状況によって異なるが、期間は約2カ月間、価格は800万円から、となっている。年間10社を販売目標にしている。

 ISIDは、企業単体の財務会計からグループ経営管理まで、企業のグループ経営を支えるソリューションとして、システムフレームワーク「Premium」を提供している。Premiumは、「Oracle E-business Suite」や「Hyperion」、STRAVISなどのパッケージ群、製品間インターフェースなどから構成されている。今回のIFRS対応コンサルティングは、Premiumでの経験とノウハウが活かされる。

対応ロードマップ STRAVISのIFRS対応ロードマップ
※画像をクリックすると拡大画像が別ウィンドウで開きます

 STRAVISは、2003年7月の販売開始以来、上場企業を中心に約350のグループに採用されている。今年8月にリリースされたVer3.4で、設定によって2010年度に対応が必要とされるコンバージェンス項目に対応ができるが、2010年2月にリリース予定のVer4.0では、資本連結や過年度遡及などの機能を標準で装備する。資本連結では、外貨建ての“のれん代”の換算、公正価値評価などに対応する。また、税効果会計として、固定資産、棚卸し未実現の資産負債法にも対応する。

 Ver4.0以降の計画では、2010年度内にリリースする予定の「コンバージェンス機能強化版」で、日本基準とIFRSで大きく異なる財務諸表の表示に対応、両基準での連結財務諸表を作成、出力できる機能を提供する。2011年度内には「アドプション版」の開発を計画、IFRSの早期適用を目指す企業のニーズに対応していくとしている。

 企業会計を大きく変えるとされるIFRSに対する注目は、2015年もしくは2016年という時期の問題となっている。しかし、実際には2015年以前にもIFRSへのコンバージェンスが進行している。STRAVISのコンバージェンスも、そうした事態に対応するものとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]