編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

シマンテック、評価ベースのセキュリティ技術「Quorum」の詳細を公表

吉澤亨史

2009-10-02 17:24

 シマンテックは10月1日、同社のセキュリティ対策ソフト「ノートン インターネット セキュリティ 2010」と「ノートン アンチウイルス 2010」に搭載されたレピュテーション(評価)ベースのセキュリティ技術「Quorum」の詳細を発表した。

 Quorumレピュテーションベースのセキュリティ技術では、数千万の「Norton Community Watch」のメンバーから匿名で寄せられたデータ、ソフトウェア発売元から提供されたデータ、大企業向けのデータ収集プログラムに匿名で協力した企業ユーザーのデータなど、複数のソースから入手したデータが活用されている。

 データは常にレピュテーションエンジンにインポート、または供給されており、ファイル自体をスキャンすることなくソフトウェアファイルごとにセキュリティレピュテーションの評価が設定される。Quorumはファイルの普及度、作成日時などの属性を使用して、正確なレピュテーションスコアを算出する。この評価は、大規模なクラウドベースのシマンテックのサーバを通じ、すべてのシマンテック製品のユーザーに提供される。

 従来のウイルス対策ソフトは、ユーザーのコンピュータから遮断すべきマルウェアのブラックリストである“ウイルスシグネチャ”を利用していた。シマンテックは10年前、毎日平均5つの新しいウイルスシグネチャを公表していたが、現在はひとつのシグネチャで多数の種類のマルウェアを検出できるにもかかわらず、セキュリティベンダーは毎日数千以上のシグネチャを定期的に公表している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]