アイロンマウンテン、クラウドストレージAPIサービスに進出

文:Dave Rosenberg(Special to CNET News) 翻訳校正:佐藤卓、長谷睦

2009-10-15 13:26

 物理的およびデジタル的手段によるデータ管理サービスを長年手がけているIron Mountainが米国時間10月14日、クラウドストレージAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)を発表した。これにより開発者もIron Mountainのオフサイトストレージ施設が利用可能になる。

 最近になってMicrosoft傘下のDangerでT-Mobileデータの消失という問題が発生したものの、クラウドベースのストレージの普及は止まらず、それどころか、オフサイトのデータ管理に関するプロセスや手段を自社内に持たない組織では格好の用途として使われている。

 自分のデータについて、問題となり得るすべての要素を知ることはできない(DangerがT-Mobileのデータを消失するとは誰も予想していなかったように)が、Iron Mountainのようなすでに定評のあるデータ管理業者なら、自らの技能を支えるだけの顧客基盤を備え、さらには顧客を効率的に支援するノウハウも持っている。

 Iron MountainのクラウドストレージAPIは、Mozyなどが提供しているクラウドNAS(ネットワーク対応ストレージ)が次の段階に進化したものだ。このクラウドストレージAPIは、「Amazon Simple Storage Service」のインターフェースと機能的に似ており、開発者は簡単な手順でデータにアクセスできる。

 筆者は以前、APIなしにクラウドコンピューティングは成り立たないと述べたことがある。APIが技術面で普及を促進する中心的要素の1つであることに変わりはないが、今や運用がもう1つの重要な要素として浮上しているようだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]