データセンターでホッと一息:ビットアイルの第4データセンター - 2/6

大川淳

2009-10-19 15:05

ビットアイルの第4データセンターは地上7階、地下1階、総床面積約1万6500平方メートル、最大でおよそ2600ラックを設置することが可能。受電容量は2万5000kVA×2で、1ラックあたり実効6kVAの電力供給が可能だ。また、空調設備に新たな技術を採用して一層の省電力化を図った。画像は同センター内のサーバルーム
ビットアイルの第4データセンターは、空調のしくみに大きな特徴があり、「コールドアイルチャンバー方式」と呼ばれる手法を採用している。「コールドアイル」は冷却通路、「チャンバー」とは仕切られた空間といったほどの意味だ。ラックと天井の間に壁を設けることで、ラック間に「コールドアイル」をつくり、そこに床下あるいは天井から冷気が送り込まれる。サーバの吸気部から自然にラック内部へ冷気が流れる構造で、ラック内部の熱気は逆に外部へと押し流されるという。以前は全体を冷却するやり方だったが、この方式は必要な部分を局所的に冷却できる。コールドアイルチャンバー方式の採用で冷却効率が上がり、従来比で消費電力を約20%低減化できたという。画像は「コールドアイル」(冷却通路)

ビットアイルの第4データセンターは、空調のしくみに大きな特徴があり、「コールドアイルチャンバー方式」と呼ばれる手法を採用している。「コールドアイル」は冷却通路、「チャンバー」とは仕切られた空間といったほどの意味だ。ラックと天井の間に壁を設けることで、ラック間に「コールドアイル」をつくり、そこに床下あるいは天井から冷気が送り込まれる。サーバの吸気部から自然にラック内部へ冷気が流れる構造で、ラック内部の熱気は逆に外部へと押し流されるという。以前は全体を冷却するやり方だったが、この方式は必要な部分を局所的に冷却できる。コールドアイルチャンバー方式の採用で冷却効率が上がり、従来比で消費電力を約20%低減化できたという。画像は「コールドアイル」(冷却通路)

関連記事

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]